「機動戦士ガンダム」シリーズ、ハリウッドで実写映画化が決定。

Pocket




「機動戦士ガンダム」シリーズ”The Gundam(仮)”サンライズと「パシフィック・リム」、「GODZILLA ゴジラ」などを手がけてきたレジェンダリー・ピクチャーズとの共同開発で実写映画化が決定。

アメリカのロサンゼルスで7月5日から8日まで開催のイベント「Anime Expo 2018」で発表されました。

1979年に日本でTV放送が開始された「機動戦士ガンダム」2019年に40周年。さまざまなシリーズを展開し、当時のファンだけでなく、年齢、性別を問わず幅広い層に支持。

2018年はレジェンダリー・ピクチャーズ制作の「パシフィック・リム:アップライジング」やスティーヴン・スピルバーグ監督「レディ・プレイヤー1」にも登場するなど、日本だけでなく、世界中に広がる「ガンダム」ワールド。

実写映画の詳細は追って発表されるようですが、「ガンダム」ワールドがどのように実写映画化されるのか、不安要素もありますが、楽しみでもあります。

情報元: サンライズ 最新情報



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です