リン・ラムジー監督がホアキン・フェニックス主演で孤独な男と心の壊れた少女を描いたクライム・スリラー「ビューティフル・デイ」、6月1日(金)公開。

Pocket




リン・ラムジー監督ホアキン・フェニックス主演で孤独な男と心の壊れた少女を描いたクライム・スリラー「ビューティフル・デイ」(原題 You Were Never Really Here)、6月1日(金)公開。

第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞とホアキン・フェニックスが男優賞を受賞。
失踪した少女の捜索で生計を立てる元軍人のジョーが州上院議員から依頼で娘のニーナを売春組織から救出するが、ニーナはふたたび何者かにさらわれてしまう…

元軍人のジョーは行方不明の捜索を請け負うスペシャリスト。そんな彼のもとに、政治家の娘ニーナを捜してほしいとの依頼が舞い込む。しかし見つけ出したニーナは怯える様子もなく人形のように感情を失っていた。やがてニーナはジョーの目の前で再びさらわれてしまう…

「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督ホアキン・フェニックスとタッグを組んだクライム・スリラー。
元軍人のジョーにはホアキン・フェニックス
ジョーの母親にはジュディス・ロバーツ、ニーナにはエカテリーナ・サムソノフ
ジョン・ドーマンアレックス・マネットほかが共演。
「少年は残酷な弓を射る」でも担当した「レディオヘッド」のジョニー・グリーンウッドが音楽を担当。
第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞とホアキン・フェニックスが男優賞を受賞。

怪演俳優×極限監督×先鋭音楽。研ぎ澄まされた才能が集結。

「ビューティフル・デイ」公式サイト

「ビューティフル・デイ」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です