白石和彌監督が役所広司、松坂桃李、江口洋介共演で暴力団と警察の抗争を描いたハードボイルド・ドラマ「孤狼の血」、5月12日(土)公開。

Pocket




柚月裕子の小説白石和彌監督役所広司松坂桃李江口洋介共演で映画化した暴力団と警察の抗争を描いたハードボイルド・ドラマ「孤狼の血」、5月12日(土)公開。

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市の呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う…

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団の尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織の五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。所轄署に配属となった新人刑事の日岡秀一は暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事の大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく…

“警察小説 x 「仁義なき戦い」”と評された柚月裕子の小説を「凶悪」、「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が映画化。

新人刑事の日岡秀一には松坂桃李
ベテラン刑事の大上章吾には役所広司。尾谷組の若頭の一之瀬守孝には江口洋介
真木よう子中村獅童ピエール瀧竹野内豊石橋蓮司滝藤賢一田口トモロヲほかが共演。

地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声。血湧き肉躍る男たち渇望のバイオレンス・ムービー。

「孤狼の血」公式サイト

「孤狼の血」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。