浅田次郎の小説を中井貴一と阿部寛主演で映画化した時代劇「柘榴坂の仇討」、NHK BSプレミアムで4月16日(月)放送。





浅田次郎の小説中井貴一阿部寛主演で映画化した時代劇「柘榴坂の仇討」、NHK BSプレミアムで4月16日(月)放送。

浅田次郎の小説若松節朗監督中井貴一阿部寛主演で映画化した時代劇「柘榴坂の仇討」。
2014年9月20日(土)に公開され、興収6.44億円。
武士の世が終わり仇討ちが禁じられた明治6年。主君の仇を追い続ける志村金吾と武士を捨て孤独に生きる佐橋十兵衛の邂逅と行く末を描く…

安政7年。江戸城桜田門外で大老・井伊直弼が暗殺される。主君を守りきれなかった志村金吾は切腹も許されず、仇討を果たすため逃亡した浪士たちを追い続ける。彦根藩も既に無い13年後の明治6年。ついに金吾は最後の仇の佐橋十兵衛を探し出すが、新政府は「仇討禁止令」を布告していた…

浅田次郎の小説を「沈まぬ太陽」の若松節朗監督が映画化した時代劇。
彦根藩士の志村金吾には中井貴一
仇の佐橋十兵衛には阿部寛
金吾の妻セツには広末涼子
髙嶋政宏真飛聖藤竜也中村吉右衛門ほかが共演。
音楽は久石譲

幕末から明治へと時代が激変する中、人としての誇りと覚悟を持って生きる武士たちの姿にはいろいろと考えさせられます。

★「柘榴坂の仇討」
NHK BSプレミアム
4月16日(月)
21:00~23:01



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です