クリント・イーストウッド監督が”タリス銃乱射事件”を描いた「15時17分、パリ行き」の最新予告編は見ましたか?





クリント・イーストウッド監督“タリス銃乱射事件”を描いた社会派ドラマ「15時17分、パリ行き」(原題 The 15:17 to Paris)、3月1日(木)公開。
最新予告編が公開されましたが、見ましたか?

イスラム過激派の武装した男が列車内で無差別テロを企てる中、犯人へ勇敢に立ち向かった3人の若きアメリカ人の実話を描く…

2015年8月21日。アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスに乗車した554人の乗客たち。フランス国境内へ列車が入った直後、突如としてイスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員たちや乗客たちが逃げ惑い混乱する中、アメリカ空軍兵のスペンサー・ストーン、オレゴン州兵アレク・スカラトス、2人の友人でアメリカ人大学生アンソニー・サドラーの3人の若者が犯人たちに立ち向かう…

2015年8月21日にフランス・パリ行きの特急列車内で発生した“タリス銃乱射事件”を題材にクリント・イーストウッド監督が映画化。

アメリカ空軍兵のスペンサー・ストーン、オレゴン州兵アレク・スカラトス、友人のアメリカ人大学生アンソニー・サドラーには実際の事件に巻き込まれた本人が出演。

主演3人をスペンサー・ストーンら自身が演じ、当時の列車に乗り合わせていた乗客も出演、事件が起きた場所で撮影に挑むなど徹底的にこだわったリアリズム。クリント・イーストウッド監督がどんな映像を見せてくれるのか、今から楽しみです。

「15時17分、パリ行き」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です