2017年邦画マイベスト。2017年邦画マイベストはどの作品ですか?

Pocket




2017年邦画マイベスト。2017年邦画マイベストはどの作品ですか?

1位は浜辺美波、北村匠海共演の青春ドラマ「君の膵臓をたべたい」
2位は松坂桃李、菅田将暉共演「キセキ あの日のソビト」、3位は原田眞人監督、岡田准一主演「関ヶ原」、続いて「銀魂」「あゝ、荒野」「3月のライオン」

2017年の邦画マイベストテンは次の通りです。
1位「君の膵臓をたべたい」

2016年本屋大賞第2位、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞を受賞した住野よるのベストセラー小説月川翔監督浜辺美波北村匠海小栗旬北川景子共演で映画化した青春ドラマ。
7月28日(金)に公開され、興収34.4億円。
高校生の”僕”が膵臓(すいぞう)の病を患う同級生の山内桜良との交流を現在と過去の時間軸を交差させながら描く…
「君の膵臓をたべたい」のタイトルに隠された本当の意味を知ったときには感動の嵐。浜辺美波、北村匠海の二人の新鮮な演技がさらに感動を深くしてくれます。

2位「キセキ あの日のソビト」

名曲「キセキ」の誕生秘話兼重淳監督松坂桃李菅田将暉主演で描いた青春ドラマ。
1月28日(土)に公開され、興収15億円。
GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたJINとその弟であるリーダーHIDEの青春期のエピソードを基に、兄弟が家族や仲間との衝突を経験しながら、音楽を志し突き進む…
名曲「キセキ」誕生にまつわる”軌跡”と”奇跡”を描いた”輝石”の物語。映像が映画的ではないのが残念ですが、HIDEたちが夢に向かっていく姿はポジティブにさせてくれ、GReeeeNの「ソビト」を思わず歌いたくなってきます。

3位「関ヶ原」

司馬遼太郎の小説原田眞人が監督・脚本岡田准一主演で映画化した時代劇エンターテインメント。役所広司有村架純共演。
8月26日(土)に公開され、興収23.5億円。
西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打った戦国史上最大の天下分け目の決戦”関ヶ原の戦い”を描く…
司馬遼太郎の壮大な小説を原田眞人監督がうまくまとめていて、見応えあふれる戦国絵巻が楽しめます。大河ドラマのイメージを引きずりつつも石田光成を演じる岡田准一と徳川家康を演じる役所広司の演技がさらに重厚にしてくれます。

4位「銀魂」

空知英秋の人気コミック福田雄一が監督・脚本小栗旬菅田将暉橋本環奈共演で映画化したSF時代劇。
7月14日(金)に公開され、興収38億円。
宇宙人によって鎖国を解かれたパラレルワールドの江戸時代末期を舞台に万事屋を営む風変わりな侍の坂田銀時と仲間たちの周りで起こるさまざまな事件をコミカルに描く…
SFと時代劇がミックスされたぶっ飛んだ世界観。福田雄一監督ならではのパロディとアドリブが上乗せされた全く新しいジャンルの映画。福田雄一ワールドで繰り広げられる「銀魂」が楽しめます。

5位「あゝ、荒野」

寺山修司の長編小説菅田将暉ヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化した青春ドラマ。山田裕貴、ユースケ・サンタマリアほかが共演。
前編が10月7日(土)、後編が10月21日(土)から2週間限定で公開。
少年院に入り挫折を味わった新次と吃音で赤面対人恐怖症のバリカンがボクシングを通じて出会い、奇妙な友情を育んでいく…
菅田将暉、ヤン・イクチュンの熱演が都会の片隅を生きる人々の”心の荒野”を深く見せてくれます。

6位「3月のライオン」

羽海野チカの人気コミック大友啓史監督神木隆之介主演で2部作で実写映画化したドラマ。有村架純倉科カナ染谷将太佐々木蔵之介加瀬亮ほかが共演。
前編が3月18日(土)、後編が4月22日(土)公開。
家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士の桐山零がある3姉妹と心を通わせながら厳しい将棋の世界を突き進む…
桐山零の心の苦しみが痛いほど伝わってきて、緊張感にあふれる対局シーンにはワクワクさせられ、将棋の世界の奥の深さを教えてくれます。

7位「DESTINY 鎌倉ものがたり」

西岸良平の人気漫画を山崎貴監督が堺雅人、高畑充希共演で映画化した冒険ファンタジー。堤真一、田中泯、國村隼、薬師丸ひろ子、三浦友和ほかが共演。
12月9日(土)に公開され、興収13.3億円。
“人ならざる者”がはびこる鎌倉でミステリー作家の一色正和と妻の亜紀子が不思議な怪事件の数々を解決していく…
山崎貴監督ならでは斬新な映像で描かれる摩訶不思議な鎌倉のファンタジー・ワールドが楽しめ、堺雅人と高畑充希演じる初々しい夫婦が絆の大切さを教えてくれます。

8位「三度目の殺人」

是枝裕和監督福山雅治役所広司共演で描いた法廷心理ドラマ。広瀬すず斉藤由貴ほかが共演。
9月9日(土)に公開され、興収14.3億円。
殺人の前科がある三隅が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だったが、弁護士の重盛の中で違和感が生まれていく…
今までホームドラマを手掛けてきた是枝裕和監督が挑んだ法廷心理ドラマ。福山雅治と役所広司の重厚な演技がさらに深くしてくれます。

9位「ミックス。」

「リーガルハイ」の脚本家の古沢良太石川淳一監督がタッグを組み、新垣結衣瑛太共演で卓球を題材に描いた青春ドラマ。広末涼子、遠藤憲一、蒼井優ほかが共演。
10月21日(土)に公開され、興収14.4億円。
かつて天才卓球少女と呼ばれたアラサーの富田多満子が卓球クラブの再建と自分を捨てた恋人ペアの打倒を目標に全日本卓球選手権の混合ダブルス部門の出場に挑む…
不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを通して小さな”奇跡”を起こす恋と人生の再生物語。「リーガルハイ」のスタッフならではの軽妙な展開と新垣結衣の新しい魅力が楽しめます。

10位「22年目の告白 私が殺人犯です」

入江悠監督藤原竜也伊藤英明共演で2012年の韓国映画「殺人の告白」を大胆にアレンジして描いたクライム・サスペンス。
6月10日(土)に公開され、興収24億円。
未解決のまま時効を迎えた22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男が殺人に関する手記を出版したことから新たな事件が巻き起こる…
藤原竜也、伊藤英明の二人の怪優の共演がドラマをさらにワクワクさせてくれます。

2017年邦画マイベストはどの作品ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です