「午前十時の映画祭8」、12月2日(土)からは「美しく哀しい男たち」として「戦場のメリークリスマス」、「夜叉」を上映。

Pocket




「午前十時の映画祭8」、12月2日(土)からは「美しく哀しい男たち」として「戦場のメリークリスマス」「夜叉」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。8回目を迎える「午前十時の映画祭8」は51週にわたって実施。新しい外国映画16作、日本映画7作を含めた合計29本をラインナップ。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「戦場のメリークリスマス」
Group A: 12月2日(土)~12月15日(金)
Group B: 12月16日(土)~12月29日(金)

大島渚監督デヴィッド・ボウイ坂本龍一ビートたけし共演で描いた戦争ドラマ。
1983年5月28日(土)に公開され、配収9.9億円。
太平洋戦争下の1942年、ジャワ奥地の日本軍捕虜収容所を舞台に日本軍人と英国人俘虜との複雑な関係を描く…
第36回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネートされ、第37回英国アカデミー賞で坂本龍一が作曲賞を受賞
大島渚監督が男たちの愛憎と異文化の衝突を独特の美学で描き出した人間ドラマ。デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけしの共演が光ります。

「夜叉」
降旗康男監督高倉健田中裕子共演で男の美学を描いたヒューマン・ドラマ。
Group B: 12月2日(土)~12月15日(金)
Group A: 12月16日(土)~12月29日(金)

1985年8月31日(土)に公開され、配収9億円。
ある港町を舞台に、ヤクザ家業から足を洗い、漁師として生きる男の修治の隠された壮絶な過去、縺れた愛を描く…
「駅 STATION」、「居酒屋兆治」に続き、降旗康男監督が高倉健とタッグを組んだヒューマン・ドラマで、高倉健の魅力が詰まっています。

上映劇場の詳細は公式サイトでご確認ください。

「午前十時の映画祭8」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。