山本周五郎の小説を市川崑監督が役所広司主演で映画化した時代劇「どら平太」、NHK BSプレミアムで11月1日(水)放送。

Pocket




山本周五郎の小説を市川崑監督役所広司主演で映画化した時代劇「どら平太」、NHK BSプレミアムで11月1日(水)放送。
どら平太
山本周五郎の小説を市川崑監督役所広司主演で映画化した痛快娯楽時代劇「どら平太」
2000年5月13日(土)に公開され、興収14億円。
ある小藩に蔓延る腐敗を正すためにやって来た破天荒な町奉行”どら平太”の活躍を描く…

とある藩の町奉行所に着任した望月小平太はその豪快振りから”どら平太”という仇名まで付く型破りな役人。彼はこの藩の壕外と呼ばれる所で権力を握る三人の親分の不正を正すべく、思いも寄らない方法で彼らを取り込もうとする…

山本周五郎の小説を元に日本映画界の巨匠、黒澤明、木下惠介、市川崑、小林正樹の4人が結成した「四騎の会」で最初に共同で書かれた脚本を、市川崑監督が30年ぶりに映画化。
望月小平太には役所広司
浅野ゆう子菅原文太宇崎竜童片岡鶴太郎ほかが共演。

勧善懲悪の骨太なストーリーを市川崑監督らしいユーモアを交えた演出とコントラストのきいたスタイリッシュな映像で描いていて、飽きることのない時代劇の傑作です。

★「どら平太」
NHK BSプレミアム
11月1日(水)
13:00~14:52



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です