ハリソン・フォード、ライアン・ゴスリング共演でオリジナル版の30年後を描いた「ブレードランナー 2049」、見たいですか?

Pocket




ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督ハリソン・フォードライアン・ゴスリング共演でオリジナル版の30年後を描いた「ブレードランナー 2049」(原題 Blade Runner 2049)、 10月27日(金)公開。
オリジナル版の30年後を描いた続編、見たいですか?

オリジナル版から30年後。ロス市警の新たなブレードランナーKが「社会に残されたものを混沌に導くかもしれない秘密」を解き明かす…

オリジナル版から30年後のロサンゼルス。ロス市警の新たなブレードランナーKが30年間行方不明になっていたロス市警の前任ブレードランナーのリック・デッカードの居場所を突きとめ、タッグを組み、ある謎に挑む…

フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」リドリー・スコット監督が映画化した「ブレードランナー」(原題 Blade Runner)は1982年7月3日(土)に公開され、配収2.7億円。
後のSF映画に多大な影響を与え、カルト的人気を誇るSF映画の傑作。

その30年後の世界を「ボーダーライン」、「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督リドリー・スコットが製作総指揮「ローガン」のマイケル・グリーンとオリジナル版の脚本を担当したハンプトン・ファンチャーが共同で脚本を手がけて映画化。
音楽はハンス・ジマーとベンジャミン・ウォルフィッシュ
ロス市警の新たなブレードランナーKにはライアン・ゴスリング

ロス市警の前任ブレードランナーのリック・デッカードにはハリソン・フォード

理想主義的な科学者ウォレスにはジャレッド・レト
マッケンジー・デイヴィスロビン・ライトほかが共演。



「ブレードランナー2049」へ至る、空白の30年間の短編も公開。
「ブレードランナー ブラックアウト 2022」
「アニマトリックス」の渡辺信一郎監督が作り上げた短編アニメーション。
2022年に起きた大停電<ブラックアウト 2022>。

「2036:ネクサス・ドーン」
リドリー・スコットの息子、ルーク・スコットが監督を務めた短編。
デッカードが恋人の女性レプリカント《人造人間》と共に姿を消してから17年後、2036年の世界。そこでは、レプリカントの新たな創造主となる科学者ウォレスが、<巨大な陰謀>を目論んでいた…

「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」
2049年の一年前、2048年の世界。ロサンゼルス市警は”ブレードランナー”組織を強化し、違法な旧型レプリカント《人造人間》の処分を徹底していた。軍から逃げ出し、この街にたどり着いた旧型の違法レプリカントのサッパーはトラブルを避け静かな暮らしを送っていた…

デッカードが命をかけて守り続けてきた”秘密”。人間とレプリカント《人造人間》、2つの世界の秩序を崩壊させ、人類存亡に関わる真実。楽しみです。

「ブレードランナー 2049」公式サイト

「ブレードランナー 2049」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です