スティーヴン・スピルバーグ監督がヴァーチャル・リアリティの世界を描いたSFアドベンチャー「レディ・プレイヤー・ワン(仮)」の最新予告編は見ましたか?

Pocket




スティーヴン・スピルバーグ監督がヴァーチャル・リアリティの世界を描いたSFアドベンチャー「レディ・プレイヤー・ワン(仮)」(原題 Ready Player One)
全米では2018年3月30日(金)、日本では2018年公開。
最新予告編が公開されましたが、見ましたか?

荒廃した近未来を舞台に仮想ネットワークシステム”オアシス”で創設者が隠した遺産を手に入れるべく「宝探し」が始まる…

世界的なエネルギー危機によって貧富の差が拡大して荒廃した近未来、人々がのめり込む仮想ネットワークシステム”オアシス”でオアシス開発者のジェームズ・ハリデーが隠した遺産を手に入れるべく「宝探し」が始まる…

アーネスト・クラインの小説「ゲームウォーズ」スティーヴン・スピルバーグが監督アーネスト・クラインと「アベンジャーズ」の原案を手がけたザック・ペンが脚本を手掛けて映画化したSFアドベンチャー。

トレーラーハウスで暮らすウェイド・ワッツにはタイ・シェリダン
仮想ネットワークシステム”オアシス”の開発者のジェームス・ハリデーにはマーク・ライアンス

「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン、「エルム街の悪夢」のフレディ・クルーガー、「AKIRA」の金田バイクや「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのデロリアンなど、映画だけでなく、日本のアニメや特撮の影響を受けたと思われるシーンの数々。
全米では2018年3月30日(金)公開、邦題は現段階では未定ですが、2018年公開が楽しみです。

「レディ・プレイヤー・ワン(仮)」US公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です