9月30日は女優のデボラ・カーの誕生日。代表作は「王様と私」、「めぐり逢い」です!!

Pocket

9月30日は女優のデボラ・カーの誕生日
デボラ・カー
デボラ・カーは1920年9月30日にスコットランドのグラスゴーで生まれました。

代表作としては「王様と私」、「めぐり逢い」などがあります。
「王様と私」(原題 The King And I)
名作ブロードウェイ劇をウォルター・ラング監督ユル・ブリンナー共演で映画化したミュージカル映画の傑作。
1956年公開。
第29回アカデミー賞で主演男優賞ほか5部門受賞、第14回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門でで作品賞、主演女優賞を受賞。
王様と私

19世紀、シャム王国に家庭教師としてやってきた英国人女性のアンナ。尊大かつ頑固なシャム国王と衝突を繰り返しながらも、文化・習慣の違いを乗り越え、2人の間には友情と愛が芽生えるが…

デボラ・カーは英国人女性のアンナを熱演し、第14回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演女優賞を受賞
https://www.youtube.com/watch?v=Zjf2DxGniwo
「めぐり逢い」(原題 An Affair To Remember)
ケイリー・グラント共演の不朽のラブ・ロマンスの傑作。
監督・原案・脚本はレオ・マッケリー。1939年に製作した「邂逅」(原題 Love Affair)を自らリメイク。
1957年公開。
めぐり逢い
ニューヨークへ向かう豪華客船のデッキで出会った画家のニッキーと歌手のテリー。二人は次第に惹かれ合うが、お互いに婚約者がいる身の彼らはそれぞれの恋を清算して、半年後、エンパイアステートビルの屋上で再会することを約束する…

デボラ・カーは歌手のテリーを熱演し、ケイリー・グラント演じる画家のニッキーとのラブ・ロマンスを魅せてくれます。

アカデミー賞主演女優賞には「王様と私」ほか6回ノミネートされつつも受賞することなく、「オスカーの偉大な敗者」と呼ばれ、1994年に第66回アカデミー賞名誉賞を受賞しました。
パーキンソン病を長年患い、イギリスのサフォークにて2007年10月16日、86歳で死去されました。

デボラ・カーの出演作はいまだ色あせることのない名作ばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です