ニール・ジョーダン監督のヴァンパイア・ムービー「ビザンチウム」、20日(金)公開。

Pocket

ニール・ジョーダン監督のヴァンパイア・ムービー「ビザンチウム」(原題 Byzantium)、20日(金)公開。
ビザンチウム
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン監督が、脚本家で劇作家のモイラ・バフィーニの舞台を原作に、シアーシャ・ローナン主演でヴァンパイアの少女と人間の青年の悲恋を描く…

人の血を吸い生きるヴァンパイアの少女エレノアは、たったひとりの肉親の女性クララとともに、見知らぬ街から街へと移り住みながら生きていた。
ある時、海辺のさびれた保養地のゲストハウス「ビザンチウム」を訪れたエレノアは、難病のため余命わずかの青年フランクと出会い、恋に落ちる。ヴァンパイアの血の掟に背いたことで、クララとの絆も揺らぎ始めたその時、エレノアとクララを追う者の魔の手が迫る…

ヴァンパイアの少女エレノアには「ラブリーボーン」、「ハンナ」のシアーシャ・ローナン
クララには「アンコール!!」のジェマ・アータートン、エレノアが恋に落ちるフランクにはサム・ライリー
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の鬼才ニール・ジョーダン監督が約20年ぶりにヴァンパイア映画に挑戦し、脚本家で劇作家のモイラ・バフィーニが07年に発表した舞台「A Vampire Story」を映画化。

ニール・ジョーダン監督がシアーシャ・ローナン主演でどんなヴァンパイア映画を見せてくれるのか、楽しみな作品です。

「ビザンチウム」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です