猿vs人間、ついに戦争突入!マット・リーヴス監督のシリーズ最新作「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の予告編第2弾は見ましたか?

Pocket




猿vs人間、ついに戦争突入!マット・リーヴス監督のシリーズ最新作「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」(原題 War for the Planet of the Apes)、2017年年内公開。
予告編第2弾が公開されましたが、もう見ましたか?

地球の支配者としての生き残りを懸けた猿と人間、2つの種の争いは激しさを増し、ついに決戦の時を迎える…

地球の支配者としての生き残りをかけた猿と人間の戦いはさらに激化。シーザーは大きな喪失感に苛まれながらも、おのれの種族を率いて再び立ち上がる…

1968年公開の「猿の惑星」の前日譚を描いた「猿の惑星: 創世記(ジェネシス)」は2011年10月7日(金)に公開され、興収24.2億円。

10年後の世界を描いた「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は2014年9月19日(金)に公開され、興収14.2億円。

前作に引き続きマット・リーヴスが監督マーク・ボンバックが脚本
シーザーを演じるのは前作に引き続き、パフォーマンス・キャプチャーの第一人者として知られるアンディ・サーキス
コーネリアにはジュディ・グリア
ウッディ・ハレルソンが新たに出演。


猿vs人類の全面戦争!!全米では2017年7月14日(金)公開。邦題が「猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)」からより制作側の意図を汲み取った「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に変更。どんな戦いが繰り広げられるのか、年内公開が楽しみです。

「猿の惑星: 大戦記」US公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。