「許されざる者」鑑賞。明治初期の北海道を舞台にクリント・イーストウッドの名作を見事にリメイク。

Pocket

渡辺謙主演、李相日監督の「許されざる者」鑑賞。
許されざる者03
明治初期の開拓時代の北海道を舞台にクリント・イーストウッドの名作を見事にリメイク。北海道が舞台なのに、オリジナルの西部劇ならではの緊張感を持ち、渡辺謙、佐藤浩市、柄本明の迫真の演技が光る名作です。

1. クリント・イーストウッドの名作を李相日監督がリメイク
クリント・イーストウッドが監督と主演を務め、第65回アカデミー賞作品賞ほか4部門を受賞した西部劇「許されざる者」を「悪人」の李相日監督が舞台を開拓時代の西部から明治初期の開拓時代の北海道に変更し、渡辺謙主演でリメイク。
許されざる者_オリジナル
オリジナルのもつ緊張感はそのままに、明治初期の旧幕府と新政府のわだかまり、アイヌ民族の悲劇など日本独特の要素をうまく加味して構成。
明治初期の北海道が舞台なのに、西部劇の雰囲気を出していて、ちょっと不思議な世界ですが、その世界観に引き寄せられてしまい、135分があっという間です。

2. クリント・イーストウッドが演じた主人公を渡辺謙が熱演
「人斬り十兵衛」と異名を持つ人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛。十兵衛に刀を捨てさせる決意をさせた妻には先立たれ、困窮する日々から抜け出すため、再び刀を手にする…
許されざる者02
そんな釜田十兵衛を渡辺謙が熱演。オリジナルでクリント・イーストウッドが見せてくれた渋さをそのままに、過去の過ちを拭いきれない”許されざる者”の十兵衛を迫真の演技で見せてくれます。

3. 柄本明、佐藤浩市ほか強烈な個性をもった俳優陣の共演
オリジナルではモーガン・フリーマンが演じた、十兵衛の相棒の馬場金吾には柄本明
アカデミー賞助演男優賞を受賞したジーン・ハックマンが演じた、暴力的な警察署長の大石一蔵には佐藤浩市
二人ともオリジナルに負けないくらいの熱演を見せてくれます。
狂気に満ちた暴力性を持つ警察署長、心に闇を抱えた相棒を見事演じていて、半端ない迫力です。
許されざる者
ほかにも國村隼、滝藤賢一、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、小澤征悦、三浦貴大もそれぞれオリジナルで重要な役をそのままに再現してくれていて、オリジナルを見るとさらに楽しめます。

オリジナルのもつ緊張感はそのままに、明治初期の旧幕府と新政府のわだかまり、アイヌ民族の悲劇など日本独特の要素をうまく加味して構成。
クリント・イーストウッドのオリジナルを見ているとさらに楽しめますし、この作品を見るとオリジナルをもう一度見たくなります。
北海道の厳しく、限りなく美しい自然も見事表現されていて、この作品は映画館の大スクリーンで味わうのが一番です。

「許されざる者」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です