ミミ・レダー監督が巨大隕石の地球衝突を描いたSFパニック大作「ディープ・インパクト」、BS日テレで2月18日(土)放送。

Pocket




ミミ・レダー監督が巨大隕石の地球衝突を描いたSFパニック大作「ディープ・インパクト」、BS日テレで2月18日(土)放送。
20130519_ce6a5c
スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮ミミ・レダー監督、巨大隕石の地球衝突を描いたSFパニック大作「ディープ・インパクト」(原題 Deep Impact)
1998年6月20日(土)に公開され、配収47.2億円。
未知の彗星の接近のため1年後に迫った地球滅亡の危機を阻止すべく、彗星を核爆発させて軌道修正するプロジェクトが実行される…

ホワイトハウスの女性スキャンダルを追っていたニュースレポーターのジェニーは、「エリー」という名に行き当たる。だがそれは女性の名ではなく、「Extinction Level Event (種の絶滅を引き起こす事象)」の略だった。1年後に未知の彗星が地球に衝突する可能性があることが公表され、阻止すべく彗星を核爆発させて軌道修正するプロジェクトが実行される…

「ピースメーカー」のミミ・レダーが監督スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、巨大隕石の地球衝突を描いたSFパニック。
ニュース・レポーターのジェニー・ラーナーにはティア・レオーニ
ロバート・デュヴァルイライジャ・ウッドモーガン・フリーマンほかが共演。
音楽はジェームズ・ホーナー
deep-impact.21251
SFパニック映画でありながら、様々な”愛”の形を哀しくも美しく描いた感動作です。

★「ディープ・インパクト」(日本語吹替版)
BS日テレ 映画劇場
2月18日(土)
14:00~15:55



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です