「午前十時の映画祭7」、12月3日(土)からは「刑事と宿命」として「砂の器」、「めまい」を上映。

Pocket




「午前十時の映画祭7」、12月3日(土)からは「刑事と宿命」として「砂の器」「めまい」を上映。
14806331142480
世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。7回目を迎える「午前十時の映画祭7」は51週にわたって実施。新しい外国映画19作、日本映画4作を含めた合計29本を高品質のデジタル・システムズ(DLP)で全国55ヶ所の劇場、シネマコンプレックスで上映。
今年のラインナップも充実していて、あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。
午前十時の映画祭7_02

「砂の器」
Group A: 12月3日(土)~12月16日(金)
Group B: 12月17日(土)~12月30日(金)
%e7%a0%82%e3%81%ae%e5%99%a8
松本清張の小説野村芳太郎監督丹波哲郎主演で映画化した人間の宿命を描いた社会派サスペンスの傑作。
1974年10月19日(土)に公開され、配収7億円。
迷官入りと思われた殺人事件を捜査する二人の刑事の執念と暗い過去を背負うがために殺人を犯してしまう天才音楽家の宿命を描く…
「宿命」のメロディが浮き彫りにする哀しくも美しい映像美。美しい四季折々の風景と共に人間の宿命とは何かを描いた松竹映画の代表作です。

「めまい」(原題: Vertigo)
Group B: 12月3日(土)~12月16日(金)
Group A: 12月17日(土)~12月30日(金)
%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%8402
アルフレッド・ヒッチコック監督ジェームズ・スチュワート主演で描いたミステリーの傑作。
1958年10月7日(土)公開。
警察を辞職したスコティは旧友の頼みで彼の妻を監視することになるが、奇異な行動を取る女に接近して行く内に二人は恋に落ちる…
アルフレッド・ヒッチコックが多彩な映像表現を駆使し、後の映画作家に多大な影響を与えた代表作で、ミステリー作品の傑作です。

上映劇場の詳細は公式サイトでご確認ください。

「午前十時の映画祭7」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です