8月27日は「『男はつらいよ』の日」。1969年に「男はつらいよ」シリーズの第1作が公開。

Pocket

8月27日は「『男はつらいよ』の日」
男はつらいよ
1969年に山田洋次監督渥美清主演の映画「男はつらいよ」シリーズの第1作が公開されました。

20年振りに故郷、東京は葛飾柴又に帰ってきた車寅次郎。
早速祭りに参加し、懐かしいおいちゃん、おばちゃんや妹さくらに涙の再会を果たす。
翌日にさくらの見合いに出席するが、をぶち壊してしまい、また旅へ出る寅次郎。
旅先で美しい娘に恋をして、彼女を追って再び柴又へ…

「フーテンの寅」こと車寅次郎にはおなじみの渥美清
おいちゃんには森川信、おばちゃんには三崎千恵子、妹のさくらには倍賞千恵子
マドンナの初代冬子には光本幸子
監督・原作・脚本は山田洋次

「フーテンの寅」が最初に登場したのはテレビドラマで、この時は最終回で寅さんは死亡した。しかし、あまりの反響の大きさのため映画で復活し、以来48作にも及ぶ世界最長の長編シリーズとなった。

48作まで製作されたシリーズの原点の第1作。
「男はつらいよ」シリーズの最高傑作とも言える作品で、山田洋次の描く日本人の心はさすがです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です