横山秀夫の人気小説を佐藤浩市主演で映画化した後編「64 ロクヨン 後編」、見たいですか?

Pocket




横山秀夫の人気小説瀬々敬久監督佐藤浩市主演で映画化した犯罪ドラマの2部作の後編「64 ロクヨン 後編」、6月11日(土)公開。
未解決の誘拐事件「ロクヨン」の行方、見たいですか?
64 ロクヨン 後編
未解決の誘拐事件「ロクヨン」になぞらった事件の謎に県警の広報官の三上たちが挑む…

わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年の時が流れ、平成14年、時効が目前に迫っていた。かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていた。そんなある日、ロクヨンを模したかのような新たな誘拐事件が発生する…

「クライマーズ・ハイ」の横山秀夫の著作で2013年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た人気小説を「ヘブンズ ストーリー」の瀬々敬久監督が2部作で映画化。
64_小説
県警広報官の三上義信には佐藤浩市
広報室係長の諏訪には綾野剛、広報室婦警の美雲には榮倉奈々、広報室と対立する東洋新聞キャップの秋川には瑛太
永瀬正敏三浦友和吉岡秀隆仲村トオル窪田正孝坂口健太郎ほかが共演。
64
警察と記者クラブとの摩擦、そして警察内の対立。未解決の誘拐事件「ロクヨン」の行方、楽しみです。

「64 ロクヨン」公式サイト

「64 ロクヨン 後編」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です