萩原浩の小説を水谷豊主演で映画化した「HOME 愛しの座敷わらし」、日曜洋画劇場で8月11日(日)放送。

Pocket

萩原浩の小説を水谷豊主演で映画化した「HOME 愛しの座敷わらし」、日曜洋画劇場で8月11日(日)放送。
HOME 愛しの座敷わらし
直木賞候補にもなった萩原浩の小説を「相棒」シリーズの和泉聖治が監督、水谷豊主演で映画化した「HOME 愛しの座敷わらし」

東北の大自然を舞台に、家族の絆の回復を優しく、ユーモラスに描いたハートウォーミング・ストーリー。
東京から岩手の古民家へ引っ越すことになった一家が、その家に宿る座敷わらしに導かれ、家族のきずなを取り戻していくさまを描く…

主人公のサラリーマン、家族のために働く”お父さん”高橋晃一には29年ぶりの単独主演となる水谷豊
晃一の妻・史子には安田成美、長女・梓美には「告白」の橋本愛、梓美の弟・智也にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」の濱田龍臣、認知症気味の晃一の母・澄代には草笛光子
監督は「相棒」シリーズの和泉聖治

岩手の大自然の中でバラバラだった家族が徐々に絆を取り戻していく様子をハートウォーミングに描かれていて、見終わった後、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。
ゆったりしたテンポで、家族の絆を大自然の中で描いていて、そのテンポが非常に心地よくて、思わずこんな大自然の中で生活を送りたくなります。

★「HOME 愛しの座敷わらし」
テレビ朝日 日曜洋画劇場
8月11日(日)
21:00~23:10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です