重松清の小説を小出恵介、木村文乃共演で映画化したヒューマン・ドラマ「十字架」、見たいですか?

Pocket

吉川英治文学賞を受賞した重松清の小説五十嵐匠監督小出恵介木村文乃共演で映画化した「十字架」、2月6日(土)公開。
吉川英治文学賞を受賞した重松清の小説を映画化、見たいですか?
十字架
いじめでこの世を去った少年の死をきっかけに両親や同級生たちの20年間にわたる苦悩や葛藤を描く…

中学2年生の秋、クラスでいじめを受けていたフジシュンこと藤井俊介が自ら命を絶った。遺書で親友と書かれてしまった真田祐とその日が自分の誕生日だった中川小百合は、自責の念にかられていた。一方、フジシュンの父はいじめを知りながらも何もしなかったユウたち同級生を許そうとせず、母は愛する息子の思い出にすがりながら生きていく。それぞれが背負った十字架の重みに葛藤しながら人生を歩き始める…

吉川英治文学賞を受賞した重松清の小説を「地雷を踏んだらサヨウナラ」の五十嵐匠監督が映画化。
ユウこと真田祐には小出恵介、サユこと中川小百合には「イニシエーション・ラブ」の木村文乃
フジシュンの両親には永瀬正敏富田靖
主題歌はleccaの「その先のゴール」

人間が背負った十字架の「哀しみ」と「赦し」の物語。どんなドラマが展開するのか、楽しみです。

「十字架」公式サイト

「十字架」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。