英GQ誌が選ぶ英国男性ベストドレッサーに選ばれたエディ・レッドメイン。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

男性誌「GQ」UK版とファッションデザイナーらによってイギリス人(イギリスを拠点にする)男性ベストドレッサーの2016年版が発表。エディ・レッドメインが2015年に続き第1位に輝きました。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
エディ・レッドメイン_GQ
エディ・レッドメインは 1982年1月6日にイングランドのロンドンで生まれました。
バーバリーのモデルなどを務め、2009年のジョン・ローガンによる舞台”Red”でローレンス・オリヴィエ賞助演男優賞とトニー賞を受賞。
映画では2008年「イエロー・ハンカチーフ」、2011年「マリリン 7日間の恋」、2012年「レ・ミゼラブル」などに出演し、「博士と彼女のセオリー」第87回アカデミー賞主演男優賞を受賞。
エディ・レッドメイン_アカデミー賞

エディ・レッドメインの主な出演作品は次の通りです。
「イエロー・ハンカチーフ」(原題 The Yellow Handkerchief)
イエロー・ハンカチーフ
山田洋次監督の名作「幸福の黄色いハンカチ」ウィリアム・ハートクリステン・スチュワート共演でリメイク。監督はウダヤン・プラサッド。
2010年6月26日(土)公開。
刑期を終え出所してきたばかりの中年男のブレッドが、偶然出会った若い男女とともに、別れた妻の暮らすニューオリンズを目指す…
エディ・レッドメインは「幸福の黄色いハンカチ」で武田鉄矢が演じた役の写真好きの風変わりな青年ゴードンを演じ、刑務所から出所してきたフレッドとともにニューオーリンズを目指す…
原作の韻はしっかりと踏みつつアメリカ・バージョンにし、少し現代風にアレンジ。ウィリアム・ハート、エディ・レッドメイン、クリステン・スチュワートの3人の俳優が絶妙な味わいを見せてくれます。

「マリリン 7日間の恋」(原題 My Week with Marilyn)
My Week with Marilyn02
ミシェル・ウィリアムズケネス・ブラナー共演でマリリン・モンローの人生の中でもっともピュアなたった7日間のロマンスを描いたラブ・ロマンス。監督はサイモン・カーティス。
2012年3月24日(土)公開。
世界が愛した大スターのマリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの回想録を基に映画化。
ミシェル・ウィリアムズが第69回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演女優賞を受賞。
エディ・レッドメインは「王子と踊り子」の製作スタッフのコリン・クラークを演じ、マリリン・モンローと出会い、翻弄され、心魅かれていく…
ミシェル・ウィリアムズが華麗なセレブと繊細な少女のような二つの顔を見事体現していて、思わず抱きしめたくなるようなマリリン・モンローを見せてくれます。

「レ・ミゼラブル」(原題 Les Miserables)
LMB_Burke1ShtCMYK_SeyfriedRedmayne_10-09-12_2.indd
伝説のミュージカルを「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーバー監督ヒュー・ジャックマンラッセル・クロウアン・ハサウェイほか豪華俳優共演で映画化。
2012年12月21日(金)に公開され、興収58億円の大ヒット。
19世紀のフランスを舞台に決してくじけることのない人間の魂を感動的に謳い上げた物語。
第85回アカデミー賞で助演女優賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞、音響賞の3部門、第70回ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門の作品賞、主演男優賞、助演女優賞の3部門を受賞。
エディ・レッドメインはアマンダ・セイフライド演じる大人になったコゼット一目惚れし、恋に落ちるが革命に身を投じていくマリウスを演じ、大人に成長しつつも、少年の純粋さを残していて、様々な障害を乗り越えて、コゼットを愛する…
豪華俳優が熱演し、歌声を披露してくれていて、オープニングからジャン・バルジャンの激動の人生に引き込まれ、158分があっという間です。

「博士と彼女のセオリー」(原題 The Theory of Everything)
博士と彼女のセオリー
ジェームズ・マーシュ監督フェリシティ・ジョーンズ共演でホーキング博士と妻の愛の軌跡を描いたドラマ。
2015年3月13日(金)公開。
余命宣告からも希望を持ち難病と闘い続けた天才のスティーヴン・ホーキング博士と彼を支え続けた妻の愛の軌跡を描く…
エディ・レッドメインはスティーヴン・ホーキングを体当たりで演じ、第87回アカデミー賞、第72回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演男優賞を受賞。
スティーヴン・ホーキングを演じるエディ・レッドメインと妻を演じるフェリシティ・ジョーンズの二人の演技が光ります。
the theory of everything eddie academy

「ジュピター」(原題 Jupiter Ascending)
ジュピター_エディ・レッドメイン
アンディ&ラナ・ウォシャウスキー監督チャニング・テイタムミラ・クニス共演で描いたオリジナルのSFアクション大作。
2015年3月28日(土)公開。
高度な知性を持った異星人によって管理された地球を舞台に遺伝子操作された元兵士のハンター・ケインが地球にいる女性ジュピターを探し出し、その命を守るため戦う姿を描く…
エディ・レッドメインは全宇宙を支配する一族の長兄バレム・アブラサクスを演じ、ジュピターの命を狙う…
「マトリックス」シリーズのアンディ&ラナ・ウォシャウスキー監督らしい独特の世界観で描かれるSFアクション。チャニング・テイタム、ミラ・クニスの演技が光ります。

最新作はトム・フーパー監督「リリーのすべて」(原題 The Danish Girl)
リリーのすべて
3月18日(金)公開。
1930年に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークのリリー・エルベの実話に基づく勇気と愛の物語。

これからもさらなる活躍が期待されるエディ・レッドメイン。
出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

情報元:英GQ誌が選ぶ英国男性ベストドレッサー、エディ・レッドメインが2年連続1位(映画.com)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です