オムニバス作品「SHORT PEACE」から大友克洋が脚本・監督の「火要鎮」とコメントを集めた映像が公開!!

Pocket

「AKIRA」の大友克洋監督を筆頭に日本のトップクリエーターの力を結集した短編アニメ映画のオムニバス作品「SHORT PEACE」、7月20日(土)公開!!
大友克洋が脚本・監督の「火要鎮(ひのようじん)」とコメントを集めたプロモーション映像が公開されました。
SHORT PEACE
大友克洋が脚本・監督したのは「火要鎮(ひのようじん)」
精緻な筆致で江戸情緒を再現し、悲恋の情念が業火となって街をのみこむ大スペクタクル作品。
毎日映画コンクール大藤賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞などの映画賞を受賞。

そして浦沢直樹安彦良和細田守の三人からのコメントを集めた映像。さらに期待が高まります。

「SHORT PEACE」「九十九(つくも)」「火要鎮(ひのようじん)」「GAMBO」「武器よさらば」の短編4編と、森本晃司によるオープニングアニメーションで構成。

オープニング・アニメーションを担当したのは森本晃司。
「九十九(つくも)」の脚本・監督は森田修平、「GAMBO」の脚本・監督は安藤裕章、「武器よさらば」の脚本・監督にはカトキハジメ。

東日本大震災後、アニメ製作の資金集めが厳しく、企画が通らなかったり、延期した中で実現。
「日本」という大きな共通テーマを掲げながらも、世界観は多様なようで、どんな作品に仕上がっているのか、楽しみです。

また大友克洋が原作・監督・脚本の「AKIRA」が9年ぶりにTOKYO MXで今日14日(日)、テレビ大阪で7月18日(木)の深夜に放送されます。
「SHORT PEACE」をさらに楽しむためにも必見です。

「SHORT PEACE」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です