「新・午前十時の映画祭」、13日(土)からは「ベン・ハー」、「ゴッド・ファーザー PART Ⅱ」、「サイコ」を上映。

Pocket

新しくリニューアルした「新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」で7月13日(土)から26日(金)まで上映されるのは「ベン・ハー」「ゴッド・ファーザー PART Ⅱ」「サイコ」の三本です。
新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作

今回の上映はブルーレイをはるかに超えるハイ・クオリティのデジタル上映を可能にした「デジタル シネマ パッケージ」(DCP)上映を採用。
名作25作品を1年にわたり、全国42劇場で上映します。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「ベン・ハー」(原題: Ben-Hur)
チャールトン・ヘストン主演、ウィリアム・ワイラー監督の叙事詩的スペクタクル大作。1959年作品。
ベン・ハー
紀元1世紀のローマ帝国を舞台に、エルサレムの豪族の息子”ベン・ハー”は友に裏切られ、ローマ人の奴隷となる。復讐のため大競馬に出場し、やがてイエス・キリストその人と運命的な出会いを果たす…
ベン・ハーにはチャールトン・ヘストン。肉体的強靭さと高い道徳心を併せ持つ善良なユダヤ人のベン・ハーを熱演。
スティーブン・ボイド、ジャック・ホーキンスほかが共演。
監督は「ローマの休日」、「黄昏」のウィリアム・ワイラー
第32回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞ほか11部門を受賞。
何度見ても色あせることのない世紀の大傑作。大スクリーンで楽しみたい作品です。

「ゴッド・ファーザー PART Ⅱ」(原題: The Godfather Part II)
フランシス・F・コッポラアル・パチーノ主演でマフィアのコルレオーネ一家の血で血を洗う闘争や盛衰などをドラマチックに描いたシリーズ第2弾。1974年作品。
ゴッド・ファーザー PART Ⅱ
前作に引き続きマイケル・コルレオーネの物語とマイケルの父ヴィトー・コルレオーネの在りし日の姿を描く。
マイケル・コルレオーネにはアル・パチーノ、父親ヴィトー・コルレオーネにはロバート・デ・ニーロ
ロバート・デュバル, ダイアン・キートンほかが共演。
監督はフランシス・F・コッポラ。音楽はニーノ・ロータ。
第47回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか6部門を受賞。
マフィア映画の王道です。

「サイコ」(原題: Psycho)
数々の傑作を世に送り出し、”サスペンスの神様”とうたわれたアルフレッド・ヒッチコックがロバート・ブロックの原作を映画化したサスペンススリラー。1960年作品。
サイコ
会社の金を横領したマリオンは、旧道沿いの寂れたモーテルを一夜の宿に選ぶ。宿のオーナーである青年ノーマンは、何かと親切にマリオンの世話を焼く。マリオンはその後、部屋の浴室で何者かに襲われる…
アンソニー・パーキンスジャネット・リーほかが出演。
アルフレッド・ヒッチコックのサスペンススリラーの名作中の名作です。

上映劇場の詳細は「新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」公式サイトを参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です