10月28日はジュリア・ロバーツの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

10月28日はジュリア・ロバーツの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
ジュリア・ロバーツ_elle
ジュリア・ロバーツは1967年10月28日にジョージア州スマーナで生まれました。
1988年に映画デビューし、1989年「マグノリアの花たち」でゴールデン・グローブ賞助演女優賞、1990年「プリティ・ウーマン」ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演女優賞、2000年「エリン・ブロコビッチ」アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演女優賞を受賞。
マグノリアの花たち
他にも「ペリカン文書」「ノッテングヒルの恋人」「食べて、祈って、恋をして」「白雪姫と女王」などに出演。

ジュリア・ロバーツの主な出演作品は次の通りです。
「プリティ・ウーマン」(原題 Pretty Woman)
プリティ・ウーマン
ゲイリー・マーシャル監督リチャード・ギア共演で描いた現代版シンデレラ・ストーリー。
1990年12月14日(金)に公開され、配収31億円の大ヒット!!
ビバリーヒルズを舞台に娼婦のヴィヴィアンが実業家エドワードと出会い、次第に惹かれ合う姿を描く…
ジュリア・ロバーツはエレガントな淑女に変身していく娼婦のヴィヴィアンを魅力的に演じ、第48回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演女優賞を受賞

「ペリカン文書」(原題 The Pelican Brief)
ペリカン文書
アラン・J・パクラ監督デンゼル・ワシントン共演でジョン・グリシャムのベストセラー小説を映画化したサスペンス・アクション。
1994年4月29日(土)に公開され、配収8.6億円のヒット。
ワシントンDCで起こった裁判官殺人事件を卒論にまとめた法学生のダービー・ショーが何者かに命を狙われる…
ジュリア・ロバーツ、デンゼル・ワシントン、サム・シェパード、ジョン・リスゴーほか名優が共演したサスペンス・アクション。ジュリア・ロバーツの出世作になった作品です。

「ノッティングヒルの恋人」(原題 Notting Hill)
ノッティングヒルの恋人
ロジャー・ミッシェル監督ヒュー・グラント共演で有名ハリウッド女優と平凡な男の恋の行方を、ユーモアたっぷりに描いたロマンティック・コメディ。
1999年9月4日(土)に公開され、配収10.5億円のヒット。
ウェストロンドンにある平凡な街”ノッティングヒル”の小さな本屋を経営するウィリアムの店に、ある日偶然ハリウッドスターのアナ・スコットが訪れる。互いに運命を感じた2人は、やがて恋に落ちる…
ジュリア・ロバーツはハリウッド女優のアナ・スコットを華麗に演じ、新しい魅力を開花させました。

「エリン・ブロコビッチ」(原題 Erin Brockovich)
erin_brockovich
スティーブン・ソダーバーグ監督が全米史上最高額の和解金を手にした実在の女性の活躍を描いたヒューマン・ドラマ。
2000年5月27日(土)に公開され、配収11.1億円のヒット。
3人の子どもをもったシングルマザーのエリンは、交通事故をきっかけに強引にポジションを得た弁護士事務所で、恐ろしい環境汚染の実態を知り、正義感と情熱だけを武器に、巨大企業を相手に勝ち目の無い訴訟に敢然と挑む…
エリン・ブロコビッチ
ジュリア・ロバーツは気も強ければ押しも強く、たくましい、3人の子供をもったシングルマザーのエリン・ブロコビッチを有無を言わせぬ迫力で好演し、第73回アカデミー賞、第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門など数多くの映画賞で主演女優賞を受賞。

「食べて、祈って、恋をして」(原題 Eat Pray Love)
食べて、祈って、恋をして
ライアン・マーフィー監督が女流作家エリザベス・ギルバートの自伝的小説を映画化した自分探しムービー。
2010年9月17日(金)に公開され、興収7.5億円のヒット。
忙しいがどこか満たされない日々を送る女性ジャーナリストのリズはイタリア、インド、インドネシアを巡る1年間の旅を通じて新たな自分を見出そうとする…
ジュリア・ロバーツは恋愛依存の自分をリセットするためにひとり旅に出掛けるエリザベス・ギルバートを演じ、新たな自分を探す姿を好演。

「白雪姫と鏡の女王」(原題: Mirror, Mirror)
白雪姫と鏡の女王
ターセム・シン監督リリー・コリンズ共演で魔法と童話とVFXを融合させ、アクションやユーモアを交えたポップなファンタジー。
2012年9月14日(金)に公開され、興収4.5億円。
意地悪な継母の女王に国を牛耳られていた白雪姫が、森で出会ったギャングや7人の小さな仲間たちの助けを借り、王国のために立ち上がる…
ジュリア・ロバーツはキャリア初の悪役として邪悪な女王を演じ、宝石やドレスが大好きなワガママ女王を怪演。
初の悪役を演じるジュリア・ロバーツとリリー・コリンズの演技が光るポップなファンタジー作品です。

ほかに2011年「幸せの教室」ではトム・ハンクスと共演、、2013年「8月の家族たち」ではメリル・ストリープと共演するなど、ますます魅力を増しているジュリア・ロバーツ。
ジュリア・ロバーツの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です