アンドリュー・ニコル監督、イーサン・ホーク主演の異色の戦争ドラマ「ドローン・オブ・ウォー」、見たいですか?

Pocket

アンドリュー・ニコル監督イーサン・ホーク主演で米軍の無人戦闘機ドローンと対テロ戦争の恐るべき実態を描いた異色の戦争ドラマ「ドローン・オブ・ウォー」(原題 Good Kill)、10月1日(木)公開。
無人戦闘機ドローンと対テロ戦争の実態を描いた戦争ドラマ、見たいですか?
ドローン・オブ・ウォー
無人戦闘機ドローンにより空爆を行う現代の戦争の実態とPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しめられるドローン操縦士の異常な日常を描く…

アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐の赴任地はマイホームから近いラスベガスの基地に設置されたコンテナの中にあった。そこで無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ以上離れた異国をクリック1つで空爆をする。ゲームのような現実感のない戦場と家族の待つ家との往復、それがイーガンの日常であり、異常な現代の戦争の実態だった…

「ガタカ」、「ロード・オブ・ウォー」のアンドリュー・ニコル監督イーサン・ホークが再びタッグを組んだ戦争ドラマ。
アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐にはイーサン・ホーク
ブルース・グリーンウッドゾーイ・クラヴィッツほかが共演。

人間が直接手を下す事なく、ゲームのように人命を奪う現代の戦争の異常性。戦場に行かずにPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ兵士の姿。アンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホークが再びタッグを組んで、どんなドラマを見せてくれるのか、楽しみです。

「ドローン・オブ・ウォー」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です