ベルリン国際映画祭で絶賛。10歳と6歳の兄弟が母を捜す3日間の旅を描いた「ぼくらの家路」、見たいですか?

Pocket

ベルリン国際映画祭で絶賛。10歳と6歳の兄弟が母を捜す3日間の旅を描いた「ぼくらの家路」(原題 Jack)、9月19日(土)公開。
第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門への出品作、見たいですか?
ぼくらの家路
10歳と6歳の幼い兄弟がいなくなった母を捜す3日間の旅を描く…

10歳のジャック、6歳になる弟のマヌエルはシングルマザーの母と3人で暮らしていた。そんな中、あることが原因でマヌエルは母親の友人宅、ジャックは施設へ預けられることになる。夏休みになるが母親からすぐに来られないと連絡が入り、家へ向かうが母親の姿はなく、弟のマヌエルととにも母を捜すためベルリンを駆け巡る…

10歳のジャックには撮影当時わずか11歳で俳優デビューとなったデビイボ・ピッツカー。監督はエドワード・ベルガー
第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で絶賛され、2015年ドイツ映画賞で作品賞銀賞を受賞。

10歳と6歳の幼い兄弟が母親を探す旅。どんな感動を呼んでくれるのか、楽しみです。

「ぼくらの家路」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。