スティーヴン・スピルバーグ監督、クリスチャン・ベイル主演の戦争ドラマ「太陽の帝国」、BS朝日で22日(土)放送。

Pocket

スティーヴン・スピルバーグ監督クリスチャン・ベイル主演の戦争ドラマ「太陽の帝国」、BS朝日で8月22日(土)放送。
太陽の帝国
J・G・バラードの自伝的小説スティーヴン・スピルバーグ監督クリスチャン・ベイルジョン・マルコビッチ共演で映画化した戦争ドラマ「太陽の帝国」(原題 Empire of the Sun)
1988年4月29日(土)に公開され、配収7億円。
第2次大戦下の中国を舞台に、日本軍の収容所の中で過ごす11歳のイギリス少年ジェイミーの成長過程を描く…

1941年、第二次世界大戦時の上海。イギリス少年ジムは、日本軍の“零戦”に憧れる無邪気な少年だった。だがその日本軍が上海に侵攻、攻撃は全土に及んだ。混乱に巻き込まれ、両親と離れ離れになってしまったジムを救ったのはアメリカ人のベイシー。しかし日本軍に捕われ、ふたりとも収容所へと送られる。そこでの過酷な生活は精神的にも肉体的にもジムを成長させていく…

J・G・バラードの自伝的小説スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化。
ジェイミーにはクリスチャン・ベイル
13歳のときにオーディション参加者4000人の中から主人公のジェイミーに大抜擢。
ベイシーにはジョン・マルコビッチ
伊武雅刀片岡孝太郎ほかが共演。
音楽はジョン・ウィリアムズ

日本軍による上海侵攻のダイナミックな描写、少年とゼロ戦パイロットの瑞々しい交流などスティーヴン・スピルバーグ監督の名作です。

★「太陽の帝国」(字幕スーパー)
BS朝日 サタデーシアター
8月22日(土)
20:00~22:59



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です