「ザ・ビーチ・ボーイズ」の知られざる真実を映画化した「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」、見たいですか?

Pocket

「ザ・ビーチ・ボーイズ」の知られざる真実を映画化した「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」(原題 Love & Mercy)、8月1日(土)公開。
中心メンバーのブライアン・ウィルソンの知られざる真実を映画化、見たいですか?
ラブ&マーシー 終わらないメロディー
「ザ・ビーチ・ボーイズ」の中心メンバーのブライアン・ウィルソンの栄光と知られざる苦悩を描く…

1960年代、カリフォルニア。「ザ・ビーチ・ボーイズ」は人気の頂点にいた。新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン・ウィルソンは新作へのプレッシャーからアルコールとドラッグに依存してしまう。それから20余年、ブライアンに再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった…

「それでも夜は明ける」のプロデューサーで今作が初監督となるビル・ポーラッドが監督
2つの時代のブライアン・ウィルソンは2人1役で演じられていて、1960年代はポール・ダノ、1980年代はジョン・キューザック
エリザベス・バンクスポール・ジアマッティジェイク・アベルほかが共演。
「ソーシャル・ネットワーク」、「ゴーン・ガール」のアッティカス・ロスが音楽を担当。

「サーフィン・U.S.A.」、「グッド・ヴァイブレーション」…「ザ・ビーチ・ボーイズ」の名曲の数々。
稀有なる天才ブライアン・ウィルソンの謎に包まれた心の内と名曲が生まれるまでの秘密。どんなストーリーが繰り広げられるのか、楽しみです。

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です