7月15日はフォレスト・ウィテカーの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

7月15日はフォレスト・ウィテカーの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
Forest Whitaker
フォレスト・ウィテカーは1953年7月15日にテキサス州ロングビューで生まれました。
舞台ヤテレビドラマで活躍し、「プラトーン」「グッドモーニング、ベトナム」などで印象的な演技を披露し、1989年クリント・イーストウッド監督「バード」第41回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。
2007年「ラストキング・オブ・スコットランド」第79回アカデミー賞、第69回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞を受賞。リー・ダニエルズ監督「大統領の執事の涙」にも主演。

フォレスト・ウィテカーの主な出演作品は次の通りです。
「バード」(原題 Bird)
バード
クリント・イーストウッド監督が天才サックス・プレイヤーのチャーリー・パーカーの生涯を映画化したヒューマン・ドラマ。
1989年3月31日(土)公開。
ジャズ史にその名を残す天才アルトサックス奏者、チャーリー”ヤードバード”・パーカー。僅か34才でこの世を去った、チャーリー・パーカーの鮮烈な生きざまと彼の妻チャンの生涯を描く…
第61回アカデミー賞で音響賞、第46回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、第41回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。
フォレスト・ウィテカーは第41回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞し、第46回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞にノミネート。

「ラストキング・オブ・スコットランド」(原題 The Last King of Scotland)
ラストキング・オブ・スコットランド
ケヴィン・マクドナルド監督ジェームズ・マカヴォイ共演で悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像を描いた社会派サスペンス。
2007年3月10日(土)公開。
70年代に悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像を統領の主治医を務めたスコットランド人青年医師の視点から描く…
フォレスト・ウィテカーは悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンを演じ、第79回アカデミー賞、第69回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞を受賞。

「大統領の執事の涙」(原題 The Butler)
大統領の執事の涙
リー・ダニエルズ監督が実在したホワイトハウスの黒人執事の人生を映画化したヒューマン・ドラマ。
2014年2月15日(土)公開。
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた、一人の黒人執事の”知られざる”人生を辿る物語。
フォレスト・ウィテカーはセシル・ゲインズを演じ、黒人執事として歴代の7人の大統領に仕えながら、キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の当たりにする。その一方で、白人に仕える父の仕事を恥じ、反政府運動に身を投じる長男との衝突、ベトナム戦争へ志願する次男など、彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる…

他にも「ため息つかせて」「微笑みをもう一度」などで監督を務め、プロデューサーとしても活躍するフォレスト・ウィテカー。
出演作で一番好きなのはどの作品ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です