松山ケンイチ、大野いと共演、SABU監督のファンタジー・ドラマ「天の茶助」、見たいですか?

Pocket

SABU監督松山ケンイチ大野いと共演で描いたファンタジー・ドラマ「天の茶助」、6月27日(土)公開。
第65回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品、見たいですか?
天の茶助
天界で茶番頭をしていた茶助が死ぬ運命にある人間の女性ユリを救おうと地上に降り立って奮闘する…

天界で地上に住む人々の”人生のシナリオ”を書いている脚本家たち。そこでお茶くみをしている茶助はある脚本家が担当する口のきけない女性ユリに惹かれる。しかし、ユリが交通事故で亡くなる事実を知った茶助は下界に降り、不思議な力を駆使して、苦しい人生を送る他の人々をも救っていく…

「蟹工船」、「うさぎドロップ」のSABU監督が自身の書き下ろし小説を映画化。
茶番頭の茶助には松山ケンイチ
口のきけないユリには大野いと
大杉漣伊勢谷友介田口浩正玉城ティナ寺島進ほかが共演。
第65回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品

沖縄を舞台に笑いと涙、愛とスリルの人間ドラマが弾けるちょっと不思議なファンタジー。SABU監督がどんなドラマを見せてくれるのか、楽しみです。

「天の茶助」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です