4月21日はジェームズ・マカヴォイの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

4月21日はジェームズ・マカヴォイの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
X-MEN_James_McAvoy
ジェームズ・マカヴォイは1979年4月21日にスコットランドのグラスゴーで生まれました。
イギリスのテレビや舞台で活躍し、2005年「ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女」のタムナス役で国際的に知られるようになり、2007年「ラストキング・オブ・スコットランド」で英国アカデミー賞助演男優賞、2008年「つぐない」で第65回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞にノミネート。
「X-MEN」初期3作でチャールズ・エグゼビア役に大抜擢され、「WANTED ウォンテッド」「トランス」に出演。

ジェームズ・マカヴォイの主な出演作品は次の通りです。
「ラストキング・オブ・スコットランド」(原題 The Last King of Scotland)
ラストキング・オブ・スコットランド
ケヴィン・マクドナルド監督フォレスト・ウィテカー主演で悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像実像を描いた社会派サスペンス。
2007年3月10日
70年代に悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像を統領の主治医を務めたスコットランド人青年医師の視点から描く…
フォレスト・ウィテカーが第79回アカデミー賞、第69回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞を受賞。
ジェームズ・マカヴォイはスコットランド人の青年医師のニコラス・ギャリガンを演じ、英国アカデミー賞助演男優賞及びヨーロッパ映画賞主演男優賞にノミネート

「つぐない」(原題 Atonement)
つぐない
英国を代表する作家のイアン・マキューアンの小説をジョー・ライト監督キーラ・ナイトレイシアーシャ・ローナン共演で映画化したラブ・ロマンス。
2008年4月12日(土)公開。
1930年代のイギリスで政府官僚の娘セシーリアと使用人の息子ロビーが想いを募らせ合うが、セシーリアの妹ブライオニーの嫉妬から生まれた些細な嘘によって、ふたりの運命は切り離されてしまう…
第65回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞を受賞
ジェームズ・マカヴォイは使用人の息子ロビーを演じ、恋人のセシーリアの幼い妹がついた嘘のために恋人と引き離され、無情な時代の流れの中に呑み込まれていく…第65回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞にノミネート
姉妹それぞれの視点で描かれたジョー・ライト監督ならではの映像とキーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナンの演技が光ります。

「WANTED ウォンテッド」(原題 Wanted)
ウォンテッド02
人気グラフィック・ノベルをティムール・ベクマンベトフ監督アンジェリーナ・ジョリー共演でスタイリッシュに映像化した“新次元”アクション大作。
2008年9月20日(金)に公開され、興収25億円のヒット。
暗殺組織に素質を見出された青年が謎の美女と出会ったことで、覚醒し、孤高の暗殺者へ成長していく姿を革新的ビジュアル満載で描く…
ジェームズ・マカヴォイは仕事もプライベートも冴えない青年ウェスリーを演じ、アンジェリーナ・ジョリー演じる謎の美女フォックスと出会い、覚醒し、孤高の暗殺者へ成長していく…
ティムール・ベクマンベトフ監督ならではの革新的な独特の映像の中、繰り広げられる華麗なアンジェリーナ・ジョリーのアクションの数々。リラックスして楽しめるアクション作品です。

「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」(原題 X-MEN: First Class)
X-MEN_ファースト・ジェネレーション
マシュー・ヴォーン監督マイケル・ファスベンダー共演で描いた「X-MEN」初期3作の前章に位置づけられるSFアクション大作。
2011年6月11日(金)に公開され、興収7億円。
チャールズ・エグゼビア(のちのプロフェッサーX)とエリック・レーンジャー(のちのマグニートー)の出会いと決別を描く…
ジェームズ・マカヴォイは若きチャールズ・エグゼビアを演じ、エリック・レンジャーとの友情を育み、世界各地のミュータントを仲間に迎え入れ、”X-MEN”を組織していく…
チャールズとエリックの出会いと決別に第三次世界大戦への危機を取り入れながら、ドラマチックに描かれていて、最後のシーンでは鳥肌が立つくらいに面白い作品です。

続編としてブライアン・シンガー監督の「X-MEN: フューチャー&パスト」(原題 X-MEN: Days Of Future Past)が2013年5月30日(金)に公開され、興収10.3億円。
X-MEN_フューチャー&パスト
ジェームズ・マカヴォイは若きチャールズ・エグゼビアを再び熱演。
ミュータントたちの生存をかけた未来と過去にまたがる壮絶な戦いを描く…

「トランス」(原題: Trance)
トランス02
ダニー・ボイル監督のスタイリッシュ・クライム・サスペンス。
2013年10月11日(金)公開。
名画を略奪した競売人がその隠し場所の記憶を失い、催眠療法で記憶を復活させようとするが、予期せぬ事態に陥っていく…
ジェームズ・マカヴォイはアート競売人のサイモンを演じ、催眠療法の中、いくつもの異なる記憶が存在し、深く探れば探るほど、関わる者たちを危険な領域へと引きずり込んでいく…
「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督と脚本家ジョン・ホッジが再びタッグを組み、独創的なストーリーテリングでポップな映像と音楽でスタイリッシュに描いたクライム・サスペンスの傑作です。

最新作は2016年公開のシリーズ最新作「X-MEN: アポカリプス」(原題 X-MEN: Apocalypse)で若きチャールズ・エグゼビアとして再び主演。
これからもさらなる活躍が期待されるジェームズ・マカヴォイ。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です