4月12日は「世界宇宙飛行の日」。「ゼロ・グラビティ」は見たことありますか?

Pocket

4月12日は「世界宇宙飛行の日」「ゼロ・グラビティ」は見たことありますか?
ゼロ・グラビティ
1961年4月12日にソ連が世界初の有人宇宙衛星船「ヴォストーク1号」の打ち上げに成功しました。
宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンを乗せて前人未到の大気圏外へ旅をし、地球周回軌道に乗りました。

“宇宙飛行”といえばアカデミー賞で監督賞ほか7部門受賞した「ゼロ・グラビティ」(原題: Gravity)
サンドラ・ブロックジョージ・クルーニー共演の体感型スペース・サスペンス・エンターテイメント大作で興収30億円突破の大ヒット。
ゼロ・グラビティ02
第86回アカデミー賞でアルフォンソ・キュアロンが監督賞、視覚効果賞、音響編集賞、録音賞、撮影賞、編集賞、作曲賞の最多7部門を受賞。
第67回BAFTA英国アカデミー賞で監督賞、撮影賞、特殊視覚効果賞、録音賞、オリジナル映画音楽賞、英国映画賞の6部門、第71回ゴールデン・グローブ賞ではアルフォンソ・キュアロンが監督賞を受賞するなど各映画賞で受賞。

「ゼロ・グラビティ」はアルフォンソ・キュアロン監督の宇宙空間を一緒に漂っているような錯覚になるような映像とシンプルなストーリーながら、飽きさせないストーリー展開の連続。無重力空間の中で生き延びるために最後まであきらめないサンドラ・ブロックの迫真の演技。過去のSF映画作品ーのオマージュも楽しめて、最高の時間が味わえます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です