夏樹静子原作の傑作ミステリーを薬師丸ひろ子主演で映画化した「Wの悲劇」、BS-TBSで14日(土)放送。

Pocket

夏樹静子原作の傑作ミステリーを薬師丸ひろ子主演で映画化した「Wの悲劇」、BS-TBSで2月14日(土)放送。
Wの悲劇
夏樹静子原作の傑作ミステリーをもとに、薬師丸ひろ子主演で女優を目指す少女の姿を描いた「Wの悲劇」
1984年12月15日(土)に原田知世主演の「天国に一番近い島」と同時公開され、配収15.5億円の大ヒット!!
大女優の身代わりとなってスキャンダルを背負い、その代償としてヒロインの座を手に入れた若き劇団研究生と、彼女をめぐる複雑な人間模様を描いた傑作ドラマ。

劇団の研究生・静香は、スキャンダルを起こした看板女優・羽鳥翔の身代わりになったことから転機が訪れる。静香は舞台「Wの悲劇」のヒロインの座を手に入れ幕開けの瞬間を迎えるが、舞台の外の世界でも悲劇が進行していた…

劇団の研究生の三田静香には薬師丸ひろ子
看板女優の羽鳥翔には三田佳子
世良公則、三田村邦彦、高木美保ほかが共演。
「早春物語」、「蒼き狼 地果て海尽きるまで」の澤井信一郎が監督。
第9回日本アカデミー賞で最優秀監督賞と三田佳子が最優秀助演女優賞を受賞するなど数多くの映画賞を受賞。

夏樹静子の同名小説を劇中劇として取り入れながら、本編の物語と交錯させていく二重構造のアイデアが秀逸で、若かりし薬師丸ひろ子が本編と劇中劇それぞれのヒロインを熱演していて、必見です。

★「Wの悲劇」
BS-TBS
2月14日(土)
15:00~16:54

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です