デヴィット・フィンチャー監督の最新作「ゴーン・ガール」、見たいですか?

Pocket

デヴィット・フィンチャー監督ベン・アフレック主演で現代の夫婦の抱える秘密を暴くサイコロジカル・スリラー「ゴーン・ガール」(原題 Gone Girl)、12月12日(金)公開。
評判もかなり高いデヴィット・フィンチャー監督の最新作、見たいですか?
ゴーン・ガール
アメリカでNYタイムズベストセラーランキング第1位、日本でも「ミステリーがすごい! 2014年版」の海外編ランキング第9位に選ばたギリアン・フリンのミステリー小説を「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィット・フィンチャー監督が映画化。
ゴーン・ガール_小説02

結婚5周年を迎えたばかりのニックは、妻エイミーが失踪したと通報。完璧な夫婦のはずだったニックとエイミーだが、警察と過熱するメディア報道によって、ニックが語る幸福な結婚生活が崩れ始める。嘘や誤魔化しを重ね、不可解な行動をとるニック。妻を殺したのはニックなのか…

結婚5周年を迎えたばかりのニックには「アルゴ」のベン・アフレック
妻のエイミーには「アウトロー」のロザムンド・パイク
原作のギリアン・フリンが自ら脚本を手掛け、デヴィッド・フィンチャー監督が映画化。
コーン・ガール02
全米では10月3日(金)に公開され、累計興収1.6億ドルを突破し、デヴィット・フィンチャー監督作でNo.1の大ヒットで、評判もかなり高いようです。
gone girl
「ソーシャル・ネットワーク」、「ドラゴン・タトゥーの女」など独特の映像を見せてきた鬼才デヴィッド・フィンチャー監督だけに今回どんな映像を見せてくれるのか、楽しみです。

facebookページではネタバレOKのイベントページを作成しましたので、ネタバレで思いっきり語りたい方はぜひご参加ください。

「ゴーン・ガール」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です