12月9日はジュディ・デンチの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

12月9日はジュディ・デンチの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
ジュディ・デンチ
ジュディ・デンチは1934年12月9日にイングランドのヨークシャー州ヨークで生まれました。
舞台で活躍し、ローレンス・オリヴィエ賞、トニー賞など数々の賞を受賞し、イギリスのテレビドラマにも数多く出演するようになり、映画にも出演。
1988年には貢献が認められ、イギリス王室から「Dame(デイム)」の称号を授与され、1995年「007 ゴールデンアイ」以降の「007」シリーズで、ジェームズ・ボンドの上司「M」として出演。
1999年「恋におちたシェイクスピア」第71回アカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

ジュディ・デンチの主な出演作品は次の通りです。
「007」シリーズ
007_skyfall_M02
ジュディ・デンチはジェームズ・ボンドのMI6の上司「M」として「007」シリーズ7作品に出演。
ピアース・ブロスナン主演の1995年「007 ゴールデンアイ」、1998年「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」、2000年「ワールド・イズ・ノット・イナフ」、2003年「ダイ・アナザー・デイ」からダニエル・クレイグ主演の2006年「007 カジノ・ロワイヤル」、2008年「007 慰めの報酬」、2012年「007 スカイフォール」まで7作品に出演。
特に「007 スカイフォール」ではストーリーの鍵を握る重要な役どころを演じ、ストーリーをさらに深くしてくれます。

「恋におちたシェイクスピア」(原題 Shakespeare In Love)
Shakespeare In Love
ジョン・マッデン監督グウィネス・パルトロウジョセフ・ファインズ共演で若き日の恋を現実の恋と劇中劇を交錯させて描いたロマンティック・コメディ。
1999年5月1日(土)に公開され、配収12億円のヒット。
1593年のロンドン。若き日のシェイクスピアは裕福な商家の娘ヴァイオラと出会い、一目で恋に落ちる。実はヴァイオラは芝居好きが高じて、男装してシェイクスピアのお芝居のオーディションに受かっていた…
第71回アカデミー賞で作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、美術・装置賞、作曲賞、衣装デザイン賞の7部門受賞。
ジュディ・デンチは芝居好きのエリザベス女王を好演し、第71回アカデミー賞で助演女優賞を受賞。

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(原題 The Best Exotic Marigold Hotel)
マリーゴールド・ホテルで会いましょう
ジョン・マッデン監督がインドを舞台にシニア世代の男女7人の群像劇を描いたドラマ。
2013年2月1日(金)公開。
人生の終盤を迎えそれぞれに事情を抱える男女7人が、快適な老後を送るため移住したインドで織り成す人間模様を描く…
ジュディ・デンチはイギリスからインドに移住してきた夫を亡くしたイヴリンを演じ、毎日インドの生活に触れることにより、新たな生き甲斐を見つけていく…
一歩踏み出す勇気を持てば、何歳になっても物事を変えることができる、ということを教えてくれる作品です。

「あなたを抱きしめる日まで」(原題 Philomena)
あなたを抱きしめる日まで
ひとりの女性の奇跡の実話をスティーヴン・フリアーズ監督が映画化したドラマ。
2014年3月15日(土)公開
ジャーナリストのマーティン・シックススミスによる実話「The Lost Child of Philomena Lee」を基に、50年前に生き別れた息子との再会を願う母親フィロミナとその記事に再起を懸ける元ジャーナリストの旅の行方を描く…
ジュディ・デンチは10代で未婚のまま妊娠したことで修道院に入れられ、産まれた息子を奪われたフィロミナを演じ、わずかな情報を頼りに生まれて初めて飛行機に乗ってアメリカへと渡り、思いもよらぬ真実を見出すことになる…
ジュディ・デンチがたくましく、可愛いくてほのぼのしたフィロミナを魅力たっぷりに演じていて、暖かい気持ちにさせてくれます。

年と共に輝きをますます増していくジュディ・デンチ。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です