11月27日は映画監督のキャスリン・ビグローの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

11月27日は映画監督のキャスリン・ビグローの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?
キャスリン・ビグロー
キャスリン・ビグローは 1951年11月27日にカリフォリニア州サン・カルロスで生まれました。
元夫のジェームズ・キャメロンの原案・脚本で1995年「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」を監督。
2009年「ハート・ロッカー」第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか6部門を受賞しました。

キャスリン・ビグローの主な監督作品は次の通りです。
「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」(原題 Strange Days)
ストレンジ・デイズ
ジェームズ・キャメロン製作・原案・脚本レイフ・ファインズ主演で新世紀前夜の混沌と狂騒を描いたSFハードボイルド。
1996年1月20日(土)に公開され、配収1.2億円。
1999年12月30日。他人の体験を感じることのできるディスクを闇販売しているレニーのもとに、元恋人の娼婦の友人が殺される瞬間を記録したディスクが届けられる。次はフェイスが危ないと察知した彼は、2000年を目前に控えて沸き返る大晦日のロスの街へと急行する…
ジェームズ・キャメロンが原案・脚本を手掛け、世紀末の混乱をドラマと融合させていて、みごたえのるサスペンス作品です。

「K-19」(原題 K-19: The Widowmaker)
K-19
ハリソン・フォードリーアム・ニーソン共演でソ連の原子力潜水艦K-19で1961年に実際に起った放射能事故を映画化したサスペンス。
2002年12月14日(土)に公開され、興収14.5億円のヒット。
1961年、米ソ冷戦下、ソ連の原子力潜水艦K-19は航行実験において、突然原子炉の冷却装置に故障をきたす。米ソによる核戦争に発展しかねない原潜事故という最悪のトラブルに艦長と乗組員たちが命懸けで立ち向かう…
原発事故の恐ろしさをリアルにスリリングに描いていて、潜水艦映画の傑作です。

「ハート・ロッカー」(原題 The Hurt Locker)
ハート・ロッカー
アカデミー賞6部門受賞ジェレミー・レナー主演で死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描いた戦争ドラマ。
2010年3月6日(金)に公開され、興収9億円のヒット。
バグダッド郊外で爆発物処理に従事するブラボー中隊は、殉職した仲間の代わりに新リーダーとしてジェームズ二等軍曹を迎え入れるが…
第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の6部門を受賞
破天荒な主人公たち兵士が尋常ならざるプレッシャーに晒されながら爆弾解除に取り組む姿を、徹底したリアリズムで生々しくスリリングに捉えていて、アカデミー賞で6部門受賞も納得させられます。

「ゼロ・ダーク・サーティ」(原題: Zero Dark Thirty)
ゼロ・ダーク・サーティ
ジェシカ・チャステイン主演で国際テロ組織アルカイダのウサマ・ビンラディン容疑暗殺作戦を描いたサスペンス・ドラマ。
2013年2月15日(土)に公開され、興収4.33億円。
若きCIA分析官・マヤはビンラディン捜索チームに抜擢される。同僚を自爆テロで失った彼女は執念でターゲットに迫る…
第85回アカデミー賞で音響編集賞、第70回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門でジェシカ・チャステインが主演女優賞を受賞。
トップ・シークレットに独自のルートで迫り、当事者たちから念入りに取材することに成功。迫真のドラマわ作り上げました。

これからもさらなる活躍を期待したい映画監督であり、プロデューサーのキャスリン・ビグロー。
キャスリン・ビグローの監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です