11月22日はスカーレット・ヨハンソンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

11月22日はスカーレット・ヨハンソンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
スカーレット・ヨハンソン
スカーレット・ヨハンソンは 1984年11月22日ニニューヨークで生まれました。
子供のころからオフ・ブロードウェイの舞台で活躍し、1994年「ノース 小さな旅人」で映画デビュー。
2003年「ロスト・イン・トランスレーション」「真珠の耳飾りの少女」でヴェネツィア国際映画祭ブレイク女優賞やロサンゼルス映画批評家協会賞ニュー・ジェネレーション賞を受賞しました。

スカーレット・ヨハンソンの主な出演作品は次の通りです。
「ロスト・イン・トランスレーション」(原題 Lost In Translation)
ロスト・イン・トランスレーション
ソフィア・コッポラ監督ビル・マーレイ共演で自身の東京での経験を下敷きに描いたコメディ・ドラマ。
2004年4月17日(土)公開。
異国の地・東京で出会ったハリウッド俳優と若いアメリカ人の人妻が互いに心を通わせていく中で次第に孤独や疎外感を癒していく…
第76回アカデミー賞で脚本賞第61回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品賞、主演男優賞、脚本賞を受賞。
スカーレット・ヨハンソンは若いアメリカ人の人妻のシャーロットを演じ、孤独感を癒すためにハリウッド俳優ボブと心を通わせていく…

「それでも恋するバルセロナ」(原題: Vicky Cristina Barcelona)
それでも恋するバルセロナ
ウッディ・アレン監督ハビエル・バルデムペネロペ・クルス共演で描いたロマンティック・コメディ。
2009年6月27日(土)公開。
ひと夏を過ごすためバルセロナにやってきた親友同士のヴィッキーとクリスティーナは、セクシーな画家フアン・アントニオに出会い惹かれていく。そこに画家の元妻まで現れ、3人の女と1人の男が恋し恋され、入り乱れていく…
第66回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品賞第81回アカデミー賞で助演女優賞を受賞。
スカーレット・ヨハンソンはまじめな青年と婚約中の堅実派のヴィッキーを演じ、画家フアン・アントニオの色気によろめき出す…

「アベンジャーズ」(原題 The Avengers)
アベンジャーズ_ブラック・ウィドウ
マーベル・ヒーロー大集結のアクション大作。ロバート・ダウニー・Jr.クリス・へムズワースクリス・エヴァンスほかが共演。監督はジョス・ウェドン
2012年8月14日(水)に公開され、興収37億円の大ヒット。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクなど特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成された「アベンジャーズ」が、アメリカの秘密組織S.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーの元、地球滅亡の危機を回避するために立ち上がる…
スカーレット・ヨハンソンはブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフを演じ、スーパー・ヒーローに負けないアクションを披露。
2010年「アイアンマン2」、2014年「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」でもブラック・ウィドウ役で出演。

「LUCY ルーシー」(原題 Lucy)、
LUCY
スカーレット・ヨハンソンとリュック・ベッソン監督が初タッグを組んだアクション・スリラー。
2014年8月29日(金)公開。
体内に埋め込まれた特殊な薬が漏れたことで脳機能が驚異的に覚醒し、人間離れした能力を発揮し始めるヒロインの暴走を描く…
スカーレット・ヨハンソンは脳機能が驚異的に覚醒するルーシーを演じ、さまざまな能力が超人的に目覚め、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく姿を熱演。

2015年公開の「アベンジャーズ」の続編でもブラック・ウィドウ役で出演し、これからもさらなる活躍が期待されるスカーレット・ヨハンソン。
スカーレット・ヨハンソンの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です