11月10日は映画監督のローランド・エメリッヒの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

11月10日は映画監督のローランド・エメリッヒの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?
ローランド・エメリッヒ
ローランド・エメリッヒは1955年11月10日に旧西ドイツのシュトゥットガルトで生まれました。
1992年にジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のSFアクション作品「ユニバーサル・ソルジャー」でハリウッド監督デビュー。その後「インデペンデンス・デイ」「GODZILLA」「デイ・アフター・トゥモロー」など大作を次々に監督してきました。

ローランド・エメリッヒの主な監督作品は次の通りです。
「インデペンデンス・デイ」(原題 Independence Day)
インデペンデンス・デイ
ウィル・スミス主演で宇宙からの侵略をテーマに描いたSF大作。 監督・脚本・製作総指揮を担当。
1996年12月7日(土)に公開され、配収66.5億円の大ヒット!!
アメリカ独立記念日を控えた7月2日に巨大UFOが世界各地を襲い、人類は絶滅の危機に陥る。絶滅の危機にさらされた人類は、ついに史上最大の作戦を開始する…
第69回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。

「GODZILLA」(原題 Godzilla)
GODZILLA
「ゴジラ」をマシュー・ブロデリックジャン・レノ共演でリブートさせたSF超大作。監督・脚本・原案・製作総指揮を担当。
1998年7月11日(土)に公開され、配収30億円のヒット。
ムルロア環礁の核実験から数十年後。N.Y.に突如巨大生物が出現。強大な兵力を誇る米国軍隊をものともせず、巨大生物はウォール街を破壊して市民をパニックに陥れる…

「デイ・アフター・トゥモロー」(原題 The Day After Tomorrow)
デイ・アフター・トゥモロー
デニス・クエイドジェイク・ギレンホール共演のパニック・スペクタクル。監督・脚本・製作を担当。
2004年6月5日(金)に公開され、興収52億円の大ヒット。
ローランド・エメリッヒ監督が様々な研究成果を基に、地球温暖化により近い将来引き起こされるといわれる地球崩壊への道のりを描く…

「ホワイトハウス・ダウン」(原題 White House Down)
ホワイトハウス・ダウン
チェニング・テイタムジェイミー・フォックス共演のディザスター・パニック。監督・製作を担当。
2013年8月16日(金)に公開され、興収9.9億円のヒット。
謎の武装集団に占拠されたホワイトハウスを舞台に、邸内に居合わせた議会警察官が人質となった大統領と自身の娘の救出とホワイトハウスの奪還に挑む…

他にも1994年「スターゲイト」、2009年「2012」などローランド・エメリッヒ監督ならではのダイナミックな映像を見せてくれる作品を製作しつつ、2011年「もうひとりのシェイクスピア」なども監督。
もうひとりのシェイクスピア

ダイナミックな映像とともにSFやアクションなど大作を監督し続けるローランド・エメリッヒ監督。
ローランド・エメリッヒの監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です