角田光代のベストセラーを吉田大八監督が宮沢りえ主演で映画化した「紙の月」、見たいですか?

Pocket

角田光代のベストセラー吉田大八監督宮沢りえ主演で映画化した「紙の月」、11月15日(土)公開。
第27回東京国際映画祭で観客賞と最優秀女優賞を受賞しましたが、見たいですか?
紙の月
平凡な主婦が起こした巨額横領事件。何不自由のない生活を送っていたはずの彼女に何が起きたたのか…

バブル崩壊直後の1994年。銀行の契約社員として働く平凡な主婦の梅澤梨花は仕事ぶりが評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生の光太と出会い不倫関係に陥り、顧客の預金に手をつけてしまい、エスカレートしていく…

「八日目の蝉」の角田光代のベストセラーを「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。
平凡な主婦の梅澤梨花には宮沢りえ
年下の大学生の光太には池松壮亮
大島優子田辺誠一近藤芳正石橋蓮司小林聡美ほかが共演。
第27回東京国際映画祭で観客賞と宮沢りえが最優秀女優賞を受賞。

「八日目の蝉」の角田光代、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督、宮沢りえという豪華なタッグが実現。どんな物語が描かれるのか、楽しみです。

「紙の月」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です