ブリー・ラーソン主演で人気コラムニストの衝撃的な半生を描いたヒューマン・ドラマ「ガラスの城の約束」、6月14日(金)から新宿シネマカリテほか全国順次公開。

Pocket




ブリー・ラーソン主演で人気コラムニストの衝撃的な半生を描いたヒューマン・ドラマ「ガラスの城の約束」(原題 The Glass Castle)、6月14日(金)から新宿シネマカリテほか全国順次公開。

ニューヨークで自立して暮らすジャネット・ウォールズが関係を絶っていたホームレスの父親との再会をきっかけに、本当の幸せをつかむための人生を再び歩み始める…

人気コラムニストのジャネット・ウォールズは、恋人との婚約も決まり、順風満帆な日々を送っていたが、ある日、ホームレスになっていた父親のレックスと再会する。かつて家族のために「ガラスの城」を建てるという夢をもっていた父レックスは、仕事がうまくいかなくなり、次第に酒の量が増え、家で暴れるようになっていった。高校生になったジャネットは大学進学を機にニューヨークへ旅立ち、親との関係を絶とうとする…

「ニューヨーク・マガジン」のコラムニスト、ジャネット・ウォールズが自身の衝撃的な半生を綴ったベストセラー小説を「ショート・ターム」のダスティン・ダニエル・クレットンが監督・脚本を手掛けて映画化。

ジャーナリストのジャネット・ウォールズには「ルーム」、「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソン
ホームレスの父のレックスには「スリー・ビルボード」のウディ・ハレルソン
ナオミ・ワッツマックス・グリーンフィールドほかが共演。


「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれたのは、大嫌いだった父。ホームレスの両親に育てられた女性の衝撃の半生を綴った全米ベストセラー小説を映画化。

「ガラスの城の約束」公式サイト

「ガラスの城の約束」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です