エド・スクライン主演、リュック・ベッソン製作、脚本のシリーズ第4作「トランスポーター イグニション」、BS-TBSで12月11日(火)放送。

Pocket




エド・スクライン主演、リュック・ベッソン製作・脚本のシリーズ第4作「トランスポーター イグニション」、BS-TBSで12月11日(火)放送。

リュック・ベッソン製作・脚本、新星エド・スクライン主演の6年ぶりとなるシリーズ4作目「トランスポーター イグニション」(原題 The Transporter Refueled)
2015年10月24日(土)に公開され、興収4.6億円。
運び屋”トランスポーター”のフランクは妖艶な美女アンナが率いる犯罪組織に父親を人質に取られ、プロの運び屋のルールに反する依頼を強制される…

ブラックスーツに身を包み、冷静沈着にワケありの依頼品を送り届けるプロの運び屋”トランスポーター”の3つのルール。1. 名前を聞かない、2.契約厳守、3.依頼品は開けない。そのいずれかを破ったときは、死。運び屋”トランスポーター”のフランクは、妖艶な美女アンナが率いる犯罪組織に父親を人質に取られ、ルールに反する依頼を強制される。父親の命の期限は12時間。自らに課したルールと父の命の間で揺れ動きながら、フランクは愛車アウディを走らせる…

リュック・ベッソン製作・脚本ジェイソン・ステイサムをアクションスターに押し上げた人気作「トランスポーター」シリーズ

イギリス出身の新鋭エド・スクレイン主演、「フルスロットル」のカミーユ・ドゥラマーレ監督で6年ぶりとなるシリーズ4作目。
運び屋”トランスポーター”のフランクにはイギリス出身の新鋭エド・スクレイン
レイ・スティーブンソンロアン・シャバノルほかが共演。

ジェイソン・ステイサムから新鋭エド・スクレインに主演が交代しながらも迫力あふれるカーチェイス、ボディアクションが楽しめます。

★「トランスポーター イグニション」(日本語吹替版)
BS-TBS
12月11日(火)
21:00~22:54



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。