漫画家の歌川たいじのコミックエッセイを太賀、吉田羊共演で映画化した壮絶な母子関係を描いたドラマ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」、11月16日(金)公開。

Pocket




漫画家の歌川たいじのコミックエッセイ御法川修監督太賀吉田羊の共演で映画化した壮絶な母子関係を描いたドラマ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」、11月16日(金)公開。

母に愛されることなく育てられ、17歳で家を飛び出し、大人になったタイジが母からの愛を取り戻すために母に向き合っていく…

幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられたタイジ。母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、17歳で家を飛び出し、1人で生きることを選択したタイジだったが、友人の言葉に動かされて母ときちんと向き合う覚悟をする。大人になってもタイジを拒絶する母。そんな母からの愛を取り戻すため、タイジは母に立ち向かっていく…

漫画家の歌川たいじが自身の壮絶な母子関係をつづったコミックエッセイを「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修監督が映画化。

母に愛されることなく育てられたタイジには太賀、母の光子には吉田羊
タイジの親友のキミツには「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン、タイジを支える大将には白石隼
秋月三佳木野花ほかが共演。

母親から拒絶され、友達からも愛されることなく育った青年が、母親を大好きな気持ちを諦めることなく運命と向き合い、やがて奇跡を引き起こした実話を映画化。

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」公式サイト

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です