「午前十時の映画祭9」、7月19日(木)までは「世界のクロサワ時代劇」として「七人の侍」、「用心棒」、「椿三十郎」を上映。

Pocket




「午前十時の映画祭9」、7月19日(木)までは「世界のクロサワ時代劇」として「七人の侍」「用心棒」「椿三十郎」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。9回目を迎える「午前十時の映画祭9」は50週にわたって実施。初めて上映する外国映画18本、日本映画4本、人気作品の再上映は外国映画4本、日本映画1本の合計27本をラインナップ。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

詳しくは「午前十時の映画祭9」公式サイトまで。

「七人の侍」
Group A: 6月8日(金)~6月21日(木)
Group B: 7月6日(金)~7月19日(木)

黒澤明が監督・脚本三船敏郎志村喬共演で野武士の無法ぶりに悩む百姓たちに雇われた7人の侍たちの勇姿を描いたアクション活劇。
1954年4月26日(土)に公開され、配収2.1億円。
戦国時代の貧しい農村を舞台に野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた7人の侍たちの闘いを描く…
第15回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。
ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグら世界の映画作家に多大な影響を与えた日本映画の名作中の名作です。

「用心棒」
Group B: 6月8日(金)~6月21日(木)
Group A: 6月22日(金)~7月5日(木)

黒澤明が監督・脚本、三船敏郎主演で縄張り争いで荒廃した小さな宿場町に流れて来た凄腕の浪人の活躍を描いたアクション活劇。
1961年4月25日(土)に公開され、配収3.5億円。
ヤクザの2大勢力が縄張り争いに明け暮れる小さな宿場町。そこに流れ着いた凄腕の浪人の桑畑三十郎が用心棒として雇われる振りをして、双方のヤクザを同士打ちさせようと画策する…
第22回ヴェネツア国際映画祭で三船敏郎が男優賞を受賞。
スピード感溢れる映像、ユーモアを織り込んだ軽快なストーリーにダイナミックな演出。イタリアで「荒野の用心棒」としてリメイクされるなど、世界中の映画作家に影響を与えた黒澤明監督の痛快娯楽時代劇です。

「椿三十郎」
Group A: 7月6日(金)~7月19日(木)
Group B: 6月22日(金)~7月5日(木)

黒澤明が監督・脚本三船敏郎主演で浪人の椿三十郎の活躍を描いた傑作娯楽時代劇。
1962年1月1日(土)に公開され、配収4.5億円。
ある藩のお家騒動に巻き込まれた凄腕の浪人の椿三十郎が上役の不正を暴こうと立ち上がった9人の若侍に助太刀し、大暴れする…
三船敏郎演じる椿三十郎と仲代達矢演じる室戸半兵衛が対する決闘シーンは日本映画史に残る名シーン。優雅で上品な喜劇的要素と壮絶な殺陣シーンが共存した黒澤明監督を代表する時代劇の傑作です。

「午前十時の映画祭9」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です