アカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートされたスイス発のストップモーション・アニメーション「ぼくの名前はズッキーニ」、見たいですか?





アカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートされたスイス発のストップモーション・アニメーション「ぼくの名前はズッキーニ」(原題 Ma vie de Courgette)、2月10日(土)公開。
アヌシー国際アニメーション映画祭で最優秀作品賞と観客賞の2部門を受賞、見たいですか?

母親を亡くし、孤児院で暮らすことになった9歳の少年ズッキーニが周囲の人々との関わりの中で成長していく…

アルコール依存症の母親と2人きりで暮らす9歳の少年ズッキーニ。ある日、ズッキーニの過失によって母親が死んでしまう。親切な警察官レイモンに連れられて、孤児院のフォンテーヌ園で暮らすことになり、自分の居場所を見つけるべく悪戦苦闘する…

ジル・パリスの児童文学を長編デビューとなるアニメーション作家のクロード・バラス監督が映画化。年月をかけて丁寧に制作されたアナログ人形を用いて作り上げた、感情豊かなストップモーション・アニメーション。
日本語吹替版の声の出演には峯田和伸麻生久美子リリー・フランキーほか。
2016年のアヌシー国際アニメーション映画祭で最優秀作品賞と観客賞の2部門、フランスのアカデミー賞といわれる第42回セザール賞で最優秀長編アニメーション賞、最優秀脚色賞の2部門を受賞。
第89回アカデミー賞、第74回ゴールデン・グローブ賞で長編アニメーション部門にノミネート

個性溢れるキャラクター。小さな初恋、スリリングな救出作戦、男の子同士の友情などユーモアにあふれ、切なく、そして心温まる珠玉の物語。

「ぼくの名前はズッキーニ」公式サイト

「ぼくの名前はズッキーニ」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です