ヴィム・ベンダース監督、ジェームズ・フランコ、レイチェル・マクアダムス共演のドラマ「誰のせいでもない」、見たいですか?

Pocket




ヴィム・ベンダース監督ジェームズ・フランコシャルロット・ゲンズブールレイチェル・マクアダムス共演で描いたヒューマン・ドラマ「誰のせいでもない」(原題 Every Thing Will Be Fine)、11月12日(土)から全国順次公開。
ヴィム・ベンダース監督の7年ぶりの劇映画監督作、見たいですか?
%e8%aa%b0%e3%81%ae%e3%81%9b%e3%81%84%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%aa%e3%81%84
大雪の日の事故により1人の男性と3人の女性の運命が大きく変化していく…

カナダのモントリオール郊外。大雪の日に起きた「誰のせいでもない」事故が、事故を起こした作家のトーマス、恋人のサラ、編集者のアン、事故に関わる少年の母ケイトの人生を変えていく…

「パリ、テキサス」、「ベルリン・天使の詩」などの巨匠ヴィム・ベンダース監督が7年ぶりに劇映画を監督。
作家のトーマスにはジェームズ・フランコ、恋人のサラにはレイチェル・マクアダムス、事故に関わる少年の母ケイトにはシャルロット・ゲンズブール
「グランド・ブダペスト・ホテル」で第87回アカデミー賞作曲賞を受賞したアレクサンドル・デスプラが音楽
every-thing-will-be-fine
それぞれの登場人物たちの心の機微。ヴィム・ベンダース監督がどんなドラマを見せてくれるのか、楽しみです。

「誰のせいでもない」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です