アンジェリーナ・ジョリーが長編初監督の社会派人間ドラマ「最愛の大地」、10日(土)公開!!

Pocket

アンジェリーナ・ジョリーが長編初監督の社会派人間ドラマ「最愛の大地」(原題: In The Land Of Blood And Honey)、8月10日(土)公開!!
最愛の大地
1990年代に泥沼化したボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を舞台に、恋人でありながら内戦により敵になってしまったボスニア人女性とセルビア人男性の愛の行方を描く…

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下の1992年。
セルビア兵に捕まり収容所に送られたアイラは、女性としてのプライドを虐げられるような日々を送っていた。以前付き合っていた将校ダニエルから、肖像画の制作を依頼される。やがて二人の間に愛が再燃するが、一方で戦況はさらに悪化していく…

アイラにはジャーナ・マリアノヴィッチ、将校ダニエルにはゴラン・コスティッチ
女優であり人道支援家としても活躍するアンジェリーナ・ジョリーが長編初監督で脚本も担当。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で人間の盾として使われ虐げられた女性たちの悲劇を描いた物語は、女性団体から抗議を受けアンジェリーナ・ジョリー自ら説明しに行くなど、多方面で論争を巻き起こした作品。
一体どんなストーリーが展開するのか、気になる作品です。

「最愛の大地」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。