ジュリアン・ムーアがカンヌ国際映画祭女優賞受賞、デヴィッド・クローネンバーグ監督「マップ・トゥ・ザ・スターズ」、見たいですか?

Pocket

ジュリアン・ムーアがカンヌ国際映画祭女優賞受賞デヴィッド・クローネンバーグ監督「マップ・トゥ・ザ・スターズ」(原題 Map To The Stars)、12月20日(土)公開。
ジュリアン・ムーア、ミア・ワシコウスカ、ジョン・キューザックほか実力派キャストの共演作、見たいですか?
マップ・トゥ・ザ・スターズ
ハリウッドでリムジン運転手として働いていた脚本家ブルース・ワーグナーの実体験をもとにハリウッドセレブの実態をシニカルに描く…

セレブ相手のセラピストの父親スタッフォード、ステージママの母クリスティーナ、人気子役の息子ベンジーのワイス家は、誰もがうらやむ典型的なハリウッドのセレブ一家。しかし、ワイスの患者で落ち目の女優ハヴァナが、ある問題を起こして施設に入所していたワイス家の長女アガサを個人秘書として雇ったことで、一家が隠し通してきた秘密が明らかになっていく…

脚本家ブルース・ワーグナーの実体験をもとに鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化。
女優ハバナにはジュリアン・ムーア第67回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞し、第72回ゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門で主演女優賞にノミネート
ワイス家のセラピストの父親スタッフォードにはジョン・キューザック、妻のクリスティーナにはオリヴィア・ウィリアムズ、長女のハヴァナにはミア・ワシコウスカ
map to the stars

鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督ならでは映像と、第67回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞し、第72回ゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門で主演女優賞にノミネートされたジュリアン・ムーアの演技など楽しみです。

「マップ・トゥ・ザ・スターズ」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。