8月28日は映画監督デヴィッド・フィンチャーの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

8月28日は映画監督デヴィッド・フィンチャーの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?
デヴィッド・フィンチャー
デヴィッド・フィンチャー監督は1962年8月28日にコロラド州デンバーに生まれました。
ILMのアニメーターとして働き始め、その後マドンナ、エアロスミスなどのミュージックビデオやCMを手掛け、1992年「エイリアン3」(原題 Alien 3)で映画デビュー。
エイリアン3
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー賞監督賞にノミネートされています。

デヴィッド・フィンチャーの主な監督作は次の通りです。
「セブン」(原題 Seven)
セブン
ブラッド・ピットモーガン・フリーマン共演のサイコ・サスペンス。
1996年1月27日(土)に公開され、配収26.5億円の大ヒット。
キリスト教の”七つの大罪”に基づく連続殺人に挑む新任刑事とベテラン刑事のコンビの姿を描く…
デヴィッド・フィンチャー監督らしいスタイリッシュな映像に練られた脚本。ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンの鬼気迫る演技。見応えのあるサイコ・サスペンスの傑作です。

「ファイト・クラブ」(原題 Fight Club)
ファイト・クラブ
ブラッド・ピットエドワード・ノートン共演のバイオレンス・アクション。
1999年12月11日(土)に公開され、興収19.8億円の大ヒット。
不眠症に悩むジャックは、ある日謎の男・タイラーと出会い、互いに殴り合う秘密組織”ファイト・クラブ”を結成する…
デヴィッド・フィンチャーらしい映像で物質と情報におぼれ、自分自身を失ってしまった現代人の心の暗闇がスリリングに描かれています。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(原題 The Curious Case of Benjamin Button)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ブラッド・ピット主演で80歳で生まれ、若返っていく男、ベンジャミン・バトンの生涯を描いたドラマ。
2009年2月9日(金)に公開され、興収24億円の大ヒット。
80歳で生まれ、老人養護施設で育ったベンジャミンは、成長とともに少しずつ若返っていくが、やがて美しい少女デイジーと運命的な出会いを果たす…
第81回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか13部門にノミネートされ、美術賞、視覚効果賞、メイクアップ賞を受賞。
80歳で生まれ若返っていく男、ベンジャミン・バトンの数奇な運命は切なくなりますが、彼の人生を通し、恋、結婚、出会いと別れ、希望と挫折など、普遍的な人生の素晴らしさが描かれています。

「ソーシャル・ネットワーク」(原題 The Social Network)
ソーシャル・ネットワーク
ジェシー・アイゼンバーグ主演でFacebook創設の裏側を描いたヒューマン・ドラマ。
2011年1月15日(土)に公開され、興収 14.2億円の大ヒット。
世界最大のSNS「フェイスブック」誕生秘話。大学寮の一室でフェイスブック制作を始めた19歳のマーク・ザッカーバーグ。5億人の友達を創った男は、何を手に入れ、何を失ったのか…
第83回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか8部門にノミネートされ、脚色賞、編集賞、作曲賞を受賞。
情報量がものすごくあり、飽きさせることなく、最初から最後まで一気に見せてくれるのは奇才デヴィド・フィンチャーの力です。急成長を遂げてきているFacebookを描くにはこのくらいのスピード感が必要かも。

他にも1997年「ゲーム」(原題 The Game)、2002年「パニック・ルーム」(原題 Panic Room)、2007年「ゾディアック」(原題 Zodiac)、2011年「ドラゴン・タトゥーの女」(原題 The Girl with the Dragon Tattoo)などでデヴィッド・フィンチャーらしい独特の映像を披露。
ドラゴン・タトゥーの女

最新作は全米で10月3日(金)公開のベン・アフレック主演のミステリー「ゴーン・ガール」(原題 Gone Girl)
Gone_Girl_EW
ギリアン・フリンのベストセラー小説をどんな映像に仕上げてくれるのか、今から楽しみです。
これからもさらなる活躍を期待される監督の一人ですが、デヴィッド・フィンチャーの監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です