2月10日はクロエ・グレース・モレッツの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

2月10日はクロエ・グレース・モレッツの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
クロエ・グレース・モレッツ
クロエ・グレース・モレッツは1997年2月10日にジョージア州アトランタで生まれました。
17歳になったばかりですが、「キック・アス」「モーリス」「ヒューゴの不思議な発明」「ダーク・シャドウ」「キャリー」と印象に残る作品に次々出演してきました。
どの作品が一番好きですか?

「キック・アス」(原題 Kick-Ass)
特殊能力ゼロのなりきりヒーローの活躍を描いた等身大ヒーロー映画。
キック・アス
スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が思わぬ事態へと発展していく…
“ヒット・ガール”ことミンディ・マクレイディを演じ、可愛らしさと強さを兼ね備えキュートな魅力を存分にふりまき、主役のキック・アスよりも存在感をみせつけました。
フェニックス映画批評家協会賞でブレイクスルー演技賞を受賞。
監督: 「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」のマシュー・ヴォーン
キャスト: アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ニコラス・ケイジ

「モールス」(原題 Let Me In)
スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッド版。
モールス
孤独な少年オーウェンと不思議な少女アビーの切なくも美しいイノセントな恋の物語が、町を震撼させる連続猟奇殺人事件のミステリーと絡み合っていく…
不思議な謎の少女アビーを演じていて、”切なさ”と”恐怖”を煽ってくれます。
セントラル・オハイオ映画批評家協会賞ではブレイクスルー映画演技賞、オースティン映画批評家協会賞でブレイクスルー演技賞を受賞。
監督: 「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス
キャスト: コディ・スミット=マクフィー、リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ

「ヒューゴの不思議な発明」(原題 Hugo)
マーティン・スコセッシ監督が最新の3D技術を駆使して作り上げたノスタルジーな映画の創世記の物語。
hugo_chloe
1930年代のパリを舞台に、駅の時計台に隠れ住む12歳の孤児ヒューゴが、亡き父が遺した”機械人形”の秘密を探るうち、不思議な少女イザベルに出会う…
“機械人形”の修理に必要な「ハート型の鍵」を持つ不思議な少女イザベルを印象的に演じています。
映画創世記へのオマージュたっぷりに、映画愛にあふれた作品で、見終わった後は、心地いい気持ちになれます。
第84回アカデミー賞では撮影賞、録音賞、視覚効果賞、美術賞、音響編集賞の5部門受賞。
監督: マーティン・スコセッシ
キャスト: エイサ・バターフィールド、ジュード・ロウ、ベン・キングズレー

「ダーク・シャドウ」(原題 Dark Shadows)
1960年代の人気テレビシリーズをティム・バートン監督ジョニー・デップが8度目のタッグを組んで映画化したブラック・ファンタジー。
darks_shadows_chroe
時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前に現れたバーナバス・コリンズ。かつては繁栄を誇った名家にも関わらず、没落してしまったコリンズ家の末裔と出会い、バーナバスは一家の復興を誓うが、なにをやってもズレまくり…
コリンズ家の末裔エリザベスの娘のキャロリンを演じ、名優たちに負けない演技を披露してくれます。
ジョニー・デップの時代錯誤なヴァンパイアぶりと共演陣との息の合った駆け引きが楽しめる作品です。
監督: ティム・バートン
キャスト: ジョニー・デップ、エヴァ・グリーン、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター

「キャリー」(原題 Carrie)
1976年にブライアン・デ・パルマ監督の実写版もヒットした、人気ホラー作家スティーヴン・キングの代表作を再映画化。
キャリー
狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎外されている女子高生キャリー。彼女は念動力の持ち主だったが、誰にも打ち明けることなく、寂しい日々を送っていた。そんな中、憧れの的のトミーとプロム・パーティーに参加することになるが、その裏では彼女への残酷ないたずらが計画されていた…
念動力の持ち主であるいじめられっ子のキャリーを演じていて、抑え込んだ怒りを爆発させるキャリーと心の奥底に眠っていた感情を演技で表現しています。
監督: 「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース
キャスト: ジュリアン・ムーア

そして最新作として「キック・アス」の続編「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」が2月22日(金)公開。
キック・アス_ジャスティス・フォーエバー_クロエ
ちょっぴりオトナになったヒット・ガールとしてさらに過激に悪に立ち向かう…
“ヒットガール”としてどれだけ過激なアクションを見せてくれるのか、楽しみです。

これからのさらなる活躍が期待されるクロエ・グレース・モレッツ。
出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です