巨匠・今村昌平監督が原爆の恐怖と悲劇を描いた「黒い雨」、NHK BSプレミアムで6日(木)放送。

Pocket

巨匠・今村昌平監督が原爆の恐怖と悲劇を描いた「黒い雨」、NHK BSプレミアムで8月6日(木)放送。
黒い雨
巨匠・今村昌平監督井伏鱒二の小説を映画化した原爆の恐怖と悲劇を描いた「黒い雨」
1989年5月13日(土)公開。
第13回アカデミー賞で最優秀作品賞、監督賞、主演女優賞ほか8部門を受賞。
1945年8月6日に広島に落とされた原爆により放射能の黒い雨を浴びてしまった女性を軸に原爆の後遺症に苦しむ人々の姿を描く…

1945年8月6日に広島に原爆が投下される。その時、郊外の疎開先にいた矢須子は直後に降ってきた真っ黒な雨を浴びてしまう。5年後、叔父夫婦に引き取られた矢須子のもとへは縁談の話が持ち込まれるが、”ピカに遭った女”という噂からいつも破談になってしまう。叔父は矢須子が直接ピカに遭っていないことを証明しようと必死になる…

今村昌平監督井伏鱒二の小説を映画化。
高丸矢須子には田中好子
叔父の閑間重松には北村和夫、シゲ子には市原悦子
第13回アカデミー賞で最優秀作品賞、監督賞、田中好子が主演女優賞、市原悦子が助演女優賞、音楽賞、撮影賞、照明賞、編集賞の8部門を受賞。

8月6日は「広島原爆忌」。原爆の恐怖と悲劇を忘れないためにも見ておくべき作品です。

★「黒い雨」
NHK BSプレミアム
8月6日(木)
13:00~15:04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です